新鮮野菜 レシピの最近のブログ記事

 ルッコラは知られているようで知られていない野菜であります。

 ゴマの香りがする菜っ葉といってもよいのですが、食べ方がいろいろいあり普通の菜っ葉に比べてちょっとむつかしいようです。

 

 こちらがルッコラです

ルッコラ.13.05.29.

 どのような食べ方があるのか?

 静岡両替町通りにありますイタリア料理店「トラットリア サイ」の才田(さいた)シェフが簡単に教えてくれました。私の聞き書きですが紹介します

  こちらはトラットリア サイ(Trattoria SAI)のフェイスブックです。

 トラットリア サイ(Trattoria SAI)

 こちらは、私がルッコラやロメインレタスなど野菜を下ろしているレストラン「Trattria SAI」(トラットリア サイ)の才田シェフのシーザーサラダです。

 

シーザーサラダimage3.

 写真がちょっとよくありません・・・・。もう1枚

 茎ブロッコリーの代名詞となりました「ステックセニョール」です。

 普通のブロッコリーと異なり茎を食べます。

 これが結構美味しいのです!

 新鮮なステックセニョールは軽く茹でれば、歯ごたえがよく、甘みがあり小腹がすいたときに最高です。

 こちらが私が調理した(といっても湯がいただけです)ステックセニョールです。

ステックセニョール食べ方.13.09.09.

 加工食品やジャンクフードよりも健康にはよい夜食です。

 もちろん肥満防止には効果があります。(・・・・が私は太ったことがないのでなんともいえません)

 湯がく時間はそれぞれです。

 現在販売中のリーフレタス(島チシャ)は、焼肉との相性抜群です!

 今まで牛肉と豚肉だけしたためしていませんでしたが、鶏肉にも挑戦してみました。

 ・・・・・コンビニ弁当の焼き鳥ステーキですが・・・・。

焼き鳥と島チシャ.13.07.01.

 お肉がさっぱりとしてとても食べやすいです。

 美味しく食べられます。

 葉物野菜と一口に呼びますが、使い方はそれぞれ特徴を生かして料理すると美味しさは倍増です!

 このリーフレタスはサラダとして利用するのではなく肉物と一緒に食べるのに最適なリーフレタスです

 

業務用としてご入用の方はこちらまでお問い合わせください。

やまひこ農園お問い合わせフォーム

 

野菜レシピ記事リンク集

 

 一人暮らしのように薪ストーブの前で食事を作っております。

 料理が好きなわけではないのですが仕事の関係上ストーブのそばから離れられない為、ここ2ヶ月悲しい生活をしております。

 (仕事は火燃しだけではないのです・・・・(涙))

 

 楽な料理に偏っていますが栄養のことも考えております。(・・・・?)

 こちらです。

チヂミ菜ラーメン.13.02.15.

 簡単に湯がいたチヂミ菜を沢山入れた「チヂミ菜ラーメン」です。

 

 ・・・・・。

 昨日までは素ラーメンでした・・・・。

 薪ストーブを利用して料理(?)をしています。(・・・・料理とはよべないかも)

 これといって間食はあまりしていませんがコーヒー、甘酒、ほっとレモネードはよく飲みます。そのため砂糖の使用量が1ヶ月で約2kgです。

 よく使ったものです。

 今度は砂糖の使用量を控える上でも食生活に気をつけなくてはなりません。(これだけ砂糖を取っても太らない私は凄い?・・・・いえ、ただやつれているだけです!)

 

 朝食はスープにしました。

 こちらです。

 

ポタージュスープ.13.01.27. 鍋で温めるだけなので楽です。

  

 薪ストーブを前にしていてまず最初に利用しようと思うことは、お湯を沸かすことです。

 やかんに水を入れてストーブにかけてお湯を沸かして、コーヒー、甘酒を飲みます。

 だんだんなれてくると食事もこの火を利用して作ってみようかと言う気持ちになってきます。学生時代4年間一人暮らしの時にはろくに自炊もしたことが無い私であります。(引越しの時親が用意したカレー・シチューのルウ、ス、しょうゆ等の調味料は・・・4年後そのままの姿で持ち帰りました)

 調理が嫌いな私ですが飯ごう炊飯は得意です。今回の料理もこの飯ごう炊飯ののりです。

 まず第1陣はこちらパスタです。

パスタ.13.01.26.

 盛り付けした姿です。

 生まれて初めて作るパスタです。

 初めてだけに・・・オリーブオイルを忘れていました。

 素材はこちら。

 

 連日のごとく夜間は自作の薪ストーブと挌闘しております。

 あまりストーブの前を離れることが出来ないので、小腹がすいたら畑に生えている野菜でサラダです!

 紹介するのはルッコラだけのサラダです。

 こちら。

ルッコラサラダ.13.01.04.

 サラダの定義がよくわかりませんが、生野菜をドレッシングで食べる料理をサラダと認識しております。

 私が作るものですから簡単です。採ってきて洗って手でちぎるだけです。

 盛り付け?

 皿に載るように置くだけです。

 ドレッシングはこちら。

土を食らう?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「土を喰う日々」という水上勉さんの著書があります。

 私も購入し読みました。

 農村地域では・・・まあ当然のことではありますが、私のように若い世代には新鮮なお話が沢山ありました。

 私もストーブで薪を燃しながらハウスで採ったばかりのロメインレタス、ルッコラ、リーフレタスをサラダにして食べております。

 こちらです。

ハウスでサラダ.12.12.24.

 結構な量です!

 これらの野菜を食べたい量だけちぎってドレッシングをかけて食べます。

 畑から直に口に入ります。

 贅沢なように見えますが・・・・・。(いくらでも野菜を食べてもよいから火燃しを変わってくれ・・・)

 

 本日も新鮮野菜と共にハウスで夜を明かします。

 ヽ(  ̄□)σどおらぁ~!。

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 

作物、ガーデニング関係のブログ記事リンクです。

 園芸・ガーデニング トラコミュ 

 在来品種・伝統品種 トラコミュ

 

 

 

野菜レシピ記事紹介。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 野菜が出来ても美味しい食べ方が判らなくては、価値半減でございます。

 やまひこ農園では、東京で料理教室を開いております鈴木さん(静岡出身)の助けをお借りしていろいろなレシピを紹介しております。

 あわせて、私が参加しています記事トーナメントのレシピも紹介します。

 こちらは簡単料理オカワカメそばです。

オカワカメのおそば.12.06.16.

 こちらのリンクはやまひこ新鮮野菜レシピのカテゴリー記事一覧です。

新鮮野菜 レシピブログ記事一覧

 次に、多くの方が紹介しているレシピの記事リンクです。

 卵焼きといえども奥が深いようです。

 私が小さい時は、明治生まれの曾祖母が卵焼きを作ると必ず「ニラ」を入れてくれました。小さい子供にニラはちょっと早いのですが(癖が強くて)、ニラを入れる理由が面白いのです。

 「結核にならないため」

 だそうです。明治、大正時代にはこの小坂も結核がはやったようです。初生雛雌雄鑑別で有名な増井博士も病弱でいろいろ苦労されたことが書いてありましたが、現在と比べて昔は栄養状態がかなり悪かったと想像されます。

 紹介します、卵焼きは現代版栄養たっぷりのおいしい卵焼きです。

 同じ作り方で2つの卵焼きを紹介します。ボーノ!料理工房 鈴木さんの作品です

焼きっぱなしのたまご焼き

 

生食調理用のトマトを使用しました。
 
 トマトを洗い、縦半分に切り、フライパンにオリーブオイルをいれトマトを焼き、一緒に玉葱のスライスしたものもいため、一度皿にとり塩、胡椒して下味をつけます。  
 
 とき卵に粉チーズ、ほんの少しの塩、こしょうして混ぜ、
 
 焼いたトマトと玉葱も混ぜてトマトを焼いたフライパンを温め少し多めのオリーブオイルをいれ卵液を一気にいれ混ぜながら半熟になるように焼き出来上がりです。
 
 もうひとつの方は・・・・。

 こちらもお手軽簡単料理です。

 

 トマト・茄子・玉葱・鶏胸肉の炒め煮

 一口大に切った鶏肉と茄子、玉葱を炒め、皮をむいたトマトをいれ

 白ワイン、塩、胡椒で味付けし炒めたものです。

 茄子が柔らかくなったら島チシャをいれさっとまぜできあがり。

 以上です。

 

この記事は、ボーノ!料理工房 鈴木様のメールを基に作成いたしました。

 

 今回も簡単レシピです。

島チシャともやしのオイスターソース炒め

 美味しそうです。

 作り方は至って簡単、

 茄子と豚肉も少しはいっています。  

 島チシャともやしの組み合わせがとてもあいます。

 オイスターソースでなくても塩、こしょうの味にしてもいいです。
 
 普通のものとの相違点は・・・・島チシャです!(実はなんでも代用はききます)
 
 

この記事は、ボーノ!料理工房 鈴木様のメールを基に作成いたしました。

 

 だんだん料理の記事を作成することに慣れてきました。

 料理は作れませんが、料理用語に慣れてきたようです。

 末が楽しみになってきました・・・・。(今更ですが)

 今回紹介する料理は、こちらです。

オカワカメ・合挽き肉・オクラ・なすのスパイス煮

 鈴木さんのコメントに「あまり良い写真でなくてすみません」とありましたが、レシピの方が重要です

 さて、作り方は・・・・・。

 ちょっと変わった冷奴です。

 まだ、暑い日日が続きますが食べ物を工夫して体力回復です!

 

冷奴 トマトとオカワカメのはいっているしょうゆダレで

 作り方は・・・。

 長い題名ですが、知る人にはよくわかる内容です。

 (私は・・・・・・・・?)

 写真を見れば一目瞭然。

 

鯖のソテー  ミニトマト、きゅうり、紫玉葱のはいった甘酸っぱいソース

 美味しそうです。

 作り方は・・・・こちら。

 食欲がないときに重宝なのがスープです。

 こちらは、素材のもつ要素を生かした栄養たっぷりのスープです。

トマトとオカワカメと椎茸をいれて卵でとじたスープ

 作り方は・・・・。

 お手軽な料理の一品です。

 とてもヘルシーなサンドイッチです。

 オカワカメときゅうり、ツナのサンドイッチ

 もちろんボーノ!料理工房の鈴木さんの作品です。

 作り方は・・・・。

ミニトマトのサラダ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ミニトマトのサラダです。

 サラダは私みたいな素人にもおなじみの名前なのでイメージがわきますが、このサラダはちょいと違います。

 ・・・・・・どうも奥が深いようです。

 こちらです。

ミニトマトのサラダ

 このミニトマトはもちろんやまひこ農園産です!。

 エンジェルとオレンジを使ったようです。(・・・たぶん)

 それでは作り方です。

 オカワカメの料理です。

 あまりなじみがない野菜ですが、オカワカメもいろいろ工夫しますと美味しく食べられます。

 東京にありますボーノ!料理工房鈴木さんのレシピです。

オカワカメ、きゅうり、長芋、エリンギのポン酢あえ

 器もよく料理に合います。

 さて、作り方は・・・・。

 カペッリーニ・・・・とは何か?
 私自身、全く料理と縁がないことがよくわかります。
 
 このレシピの記事を見て同級生が、「○○は知っているか」(○○には料理用語)
 と聞いてくるのにはさすがにごめんなさいです・・・・OTZ。
 
 この点さすがは料理教室を開いている鈴木さんです。私の知識のなさを理解して書いてくれております。
 素人にはぴったりの先生であります。
 
 さて、まず写真を紹介してから、カペッリーニの説明を鈴木さんにしていただきます。
 
 
 
カペッリーニ カペッリーニとはパスタの種類の一つです。
 
 パスタといえばスパゲッティーというのが日本では思われていますが、パスタには太さ、長さによってすべて名前がついていて  
 
細長いもの(ロングパスタ)で麺の断面が2mm弱のものがいわゆるスパゲッティーです。 
他にスパゲッティーニ、タリアテッレ、ブカティーニなどあり
長さの短いマカロニの様なものがショートパスタ(ペンネやコンキリエなど)  
 と言われています。
 
写真では分かりにくいのですが、日本の冷麦やそうめんのような細さのものがカペッリーニです。

 初めて聞く名前です。(私は)

 そのため、鈴木さんの文と写真を紹介します。

 

 ガスパチョはスペインの料理です。 

ボーノ!ガスパチョ

 美味しそうです。もしかしたら食べたことがあるような気がします。

 作り方は・・・・。

 こちらも・・・・私は初めて見ます。

 第一フランスパンは・・・小学校以来食べたことがない!

 田んぼを持つ百姓は常に「お米」でございます。

 

ドライトマトのオイル漬けをフランスパンにのせて

 

 上に載っているのはバジルですな。(これはわかります)

 作り方は・・・・こちら。

 鰯とトマト?・・・・文字からは不思議な組み合わせと思いますが、写真を見ると納得します。

 美味しそうです!(食べればより納得できそうですが・・・・作ってくれる人がいない悲劇です)

 

鰯とトマトのオーブン焼き

 このトマトは・・・・やまひこの「ピュア・エンジェル」か?

 

 作り方は・・・・こちら。

 ボーノ!料理工房の鈴木さんからレシピを頂いて1ヶ月が経過してしまいました。

 遅くなりまして申しわけございません。

 私の同級生そのほかの方々より・・・・催促されておりました・・・OTZ。

 

 さて、気を取り直して紹介します。

やまひこのトマトとじゃがいもで作る冷たいポタージュスープ

 これはレストランのメニューで夏になると、ときどきみかけるビシソワーズという冷たいじゃがいものスープがあるのですが、その応用です。  
 
 ガスパチョとこのスープは我家の夏の定番です。
 
 これらのスープをレストランでだされるようにきどって食べるのもいいのですが、グラスにいれてのむ(??!!)と体がシャキーン!!とするような気分になります。
 
 とてもおいしいです。
 
 さて、作り方を紹介します。

オカワカメのおそば

| コメント(0) | トラックバック(0)

 現在HPとキミサワにて販売しております、オカワカメです。

 暑い夏場の青野菜として最適なオカワカメであります。

 料理法と言うには・・・程遠いかもしれませんがこんな食べ方もいけます。

オカワカメのおそば.12.06.16.

 簡単な使い方です。

 おそば(汁)に入れて一緒に茹でるだけです。

 綺麗な色合いです。

 沖縄原産の在来野菜「島チシャ」です。

 韓国産のサンチュと同じリーフレタスの仲間です。おそらく韓国から沖縄に伝えられたものと考えています。(まだ、よく調べていません)

 サラダにするには、(ロメインレタスと比べて)やや苦味を感じますが、牛肉とは相性抜群です。

島チシャと焼肉.12.06.19.

 この島チシャに焼肉を包んで食べると・・・島チシャの苦味が消え、焼肉がさっぱり美味しくいただけます。

 実に不思議な組み合わせです。

 やまひこの新鮮野菜レシピです。

 豚肉のロール巻きです。

豚肉のロール巻き.12.05.31.

 アイスプラントとオカワカメがお肉に巻かれています。

 アイスプラントは食感が良い感じです。オカワカメは油と一緒になると食べやすくなります。とコメントがあります。

 作り方は、

オカワカメのお味噌汁

| コメント(0) | トラックバック(0)

 やまひこの新鮮野菜レシピです。

 以前に紹介しました味噌汁はアイスプラントを使ったものです。

 今回は、オカワカメの味噌汁です。

 こちらです。

オカワカメのお味噌汁.12.05.31.

 見た目がまるでワカメです!

 オカワカメは、キミサワグラッテ大谷店にて販売しております。(静岡)

 作り方は・・・

 やまひこの新鮮野菜レシピです!。

 今まではさわりでありますが、今回は少々難しくなってまいりました。(私にとっては)

 現在、モチナは生産を停止しております。

 ・・・・その、静岡では色合いの淡いモチナはあまり人気が無い様でございまして・・・。

 料理に関心のある方やプロの料理人からは非常に人気がありました野菜です。

 チジミ菜のほうは生産を継続しております。アオムシとナメクジの被害が多くて、出荷を一時休んでおりましたが早々に再開いたします。

 

 前置きが長くなりましたが紹介いたします。

モチナとチジミ菜の炒め物.12.06.05.

 この器との相性が良いのか、炒め物なのに色合いが綺麗に見えます。(もちろんプロの料理です)

 作り方はこちらです。

 やまひこ新鮮野菜レシピです。

 毎日紹介する予定でありましたが・・・・いろいろと紹介することが多くございまして。

 

 今回もアイスプラントを使った料理です。明日キミサワグラッテ大谷店の方に配達いたします。

 

 こちらです。

 アイスプラント味噌汁.12.05.31.

 サラダだけではないアイスプラントの美味しい食べ方です。

 作り方はこちらです。

 やまひこの新鮮野菜レシピです。

 (実は私のレシピではありません・・・・・・・(涙))

 野菜は私が作りました!

 

 はい、それでは紹介します。

アイスプラントと納豆.12.05.31.

 こちらです。

 あのアイスプラントが簡単に食べ物になってしまいました。

 (・・・・・・・。)

 作り方はこちらです。

 ようやく当HPで一番必要な、そして私が一番苦手とする記事です。

 やまひこ農園のお野菜を使いましたお料理のレシピです。

 もちろん私が書ける訳がありません。私に出来ることは「男の料理 チジミ菜ラーメン」くらいなものです。

 私の仕事は・・・・野菜の栽培・収穫まで・・・その後は・・・・・他の人に頼みます。

 IMG_2240.12.04.17.

 こちらで紹介いたします料理のレシピは、東京にございます「ボーノ!料理工房」の鈴木さんにお願いいたしました。

 今後毎日(たぶん)紹介していきます。

 

 

 野菜レシピ記事リンク集

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 

静岡ブログ村ランキングです、是非クリックしてください

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち新鮮野菜 レシピカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは小坂の、ある風景です。

次のカテゴリは日露戦史です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。