白鳥吾市先生の最近のブログ記事

 この記事は以前静岡農学校空前絶後の名校長であります静岡市門屋の「白鳥吾市」校長のインタビューより紹介いたしました。

 以前の記事はこちら

 こちらが白鳥吾市校長であります。

白鳥吾市校長.12.06.11.

 品のあるお顔をしております。

 白鳥先生は東京帝国大学にて横井時敬先生門下の碩学であります。若干26歳にて横井時敬先生と共著の「農業要覧」を執筆されました。農具の研究でも稲垣乙丙博士と共に大家として名が知られております。

 残念ながら静岡農学校に保管されていた白鳥先生の資料及び昔の農具現物資料はすべて進歩的な思考を持つ三流教員どもの手により廃棄処分されてしまいました。

 しかし、白鳥先生の資料をこの日本からすべて処分することは三流教員だけあって出来ないようです。

 さて、少数でありますが農学校卒業生より多大なる尊敬を受けております白鳥先生が挙げる農業教育史上に残る有名人です。

 こちらは昭和29年に作成されました「静岡県産業教育七十周年記念誌」を参考にしました。

 この資料に静岡農学校第2代校長を勤められました「白鳥吾一」先生のインタビューが乗っております。

 題名は「農業教育創始の頃を白鳥吾市氏に訊く」です。

 白鳥吾市先生は「農学栄えて、農業滅ぶ」と言う超有名な言葉を残されたとされる(まだ確認されておりません)横井時敬先生の弟子です。(もちろん東京帝国大学出身です)

 静岡農学校に銅像がございます。

 白鳥吾市先生銅像.12.08.08.

 静岡農学校50周年の時の記念事業でこの銅像は建設されました。

 先日こちらの静岡農学校に昔の資料(白鳥吾市先生関係)を拝見させていただこうかと電話した所・・・・・なんと、古い資料はすべて処分したとのこと・・・・・・Orz。

 よく伝統を語れるなあ・・・・モンスター・ティーチャーどもが。

 

 こんな話はどうでも良いのですが、簡単に貴重な証拠資料を処分する野郎どもが教員ですから、つい頭に血が上って・・・・失礼。

 さて、静岡農学校最高の校長先生と評された「白鳥吾市」先生の選ぶ静岡県農業教育史上の有名人です。(注・昭和29年の時点です)

 安倍郡立安部農学校から発展した「静岡農学校」の歴史の中で24年間校長先生を勤められた白鳥吾市先生であります。

 東京帝国大学を卒業し、高名な横井時敬博士と共に研究を行っていた碩学の方であります。

 安倍郡の要請を受け農学校の校長をお勤めになりました。そのため博士号を取得されておりません。自身の出世を教育の為に投げ出された方であります。

 私の尊敬いたします聖一色の寺尾博博士が紹介してくれました。寺尾博士の同級生です。

 その白鳥先生の残された著作が「農業要覧」であります。

 こちらが私の手元にあるものです。

農業要覧.12.07.24.

 明治44年に発行されました。横井時敬博士との共著です。

 

 静岡(駿河)を代表する農学者を私が個人的観点からセレクトいたしました。

 静岡にはろくな人間(偉人)がいないと、よく言われます。(静岡の人間から)

 本当にそうでしょうか?

 謙遜は自身が行うことでありまして他人が行うことではありません。

 

 後進(自分自身)の教育の為にも、優秀な人物を見出しその事業に協力していく為にも、過去比類なき業績をあげられた「偉人」と称することの出きる人物の研究は必須ではないでしょうか。

 

 私は農学が専門分野でありますので、その方面より偉業をなした方を調査してまいりました。

 農学の分野では、遠州(榛原郡)の鈴木梅太郎博士が有名であります。現に静岡県には鈴木梅太郎賞と梅太郎さんの名前を関した賞があります。

 ビタミンB1の発見者でもあり、日本農芸化学学会設立者の筆頭です。国民の体格向上の為に、栄養学的見地より研究を行っておられました。理研において、理研酒などその他多くの特許を発明し、後進研究者の為の研究費確保に努められました。

 立派な人格を持った農学者であります。

 

 この駿河にも梅太郎さんと並び称されるべき農学者を3名あげることが出来ます。

 この評価は、位階勲等とは無関係です。

 共通点は、公(おおやけ)に尽くされたこと、自身の栄達の為に学問をされなかった点です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち白鳥吾市先生カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは石川千代松博士です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。