茎ブロッコリーの最近のブログ記事

 普通は育苗箱の中に種を播きます。私も通常はこの方法をとっています。

 育苗箱の方法は、土壌中の水分調節に便利で地温を調節することができます。また、育苗箱で育成した苗をそのまま定植する時には特に便利です。持ち運びが容易です。

 では、地播とは何でしょうか。これは圃場の土壌直接苗場とする方法です。ハウス、露地は問いません。地面を耕作して種をまき、育苗して移植します。別にこれといって特別な方法を必要としませんが、何が通常の箱育苗と異なるのでしょうか。

 それは、根張りです。箱育苗でも、ポット育苗でも必ず根鉢ができます。この根鉢のおかげで作業性や植痛みを軽減できるのですが、根の張りが悪くなります。特によく観察できるのは、根鉢がよくできた長く育苗してきた老朽化苗です。そのまま植えると、収穫後そのまま抜けます。簡単ですが生育が落ちます。

 この地播苗は根をそのまま地中深く這わせます。移植時期になったらホークで持ち上げて根を切ります。そして潅水を十分行います。1日2日して移植しますと事前に切った部分より神根が伸張してきます。荒っぽい移植なのにこちらの方がポット苗よりも生育が良好です。自然の力は侮れません。

 欠点は、場所をとること、連作は厳禁である事、草を取る手間が必要である事、などです。主にアブラナ科で行われていました。(キャベツの方法であると聞きました)

 我等が寺尾博士の名言「耕種には優劣なく、適否あるのみ」であります。私の園地において適切な方法を見出す為に様々な方法を試しております。この方法を用いて3年くらいが経過します。もちろん箱育苗・ポット育苗と平行しています。

 こちらが地播を行う場所です

地播.14.09.23.

 上にはオカワカメの蔓が這っていました。

 ここを耕運して播種します

 ブログの更新がまた遅れました。

 現在、ルッコラ、ロメインレタス、オークレタスの播種・定植・管理・出荷だけでなく、品種改良中のミニトマトやトマトそしてマクワウリその他の苗作りに・・いそがしくまた腰が痛くなってきました。

 どうも真面目な百姓仕事は人間の限界にチャレンジと言う面があります。

 農業に携わっていない人が偉そうに「百姓とはそんなもんだよ」と、ドヤ顔でのたまうと非常に腹が立ちます。

 別にあんたの為には作っていないよ。喜んで食べてくれる人の為に苦労しているんだよ、と心の中でつぶやきます。

 とまあ春は大変な季節でありますことお分かりいただけるかと思います。(というか百姓は・・・・)

 非常に多忙の中でありますがステックセニョールの方にも管理が必要であります。花が咲いてきたもの、芽が増えて細くなってきたもの、今後の生産に支障があるので追肥と並行して剪定を行います。

 すでに1回目の剪定は行いました。

 こちらは回復中のものです

ステックセニョール.14.04.17.

 弱い芽が花を咲かせています。前回の剪定では手加減をしました。

 回復してきた強い芽を見て見ます

 ステックセニョールが採れ過ぎて死にそうになりながら収穫作業をしておりましたが・・・・ステックセニョールの勝利に終わりました・・・Orz。

 これでも一所懸命作業したのですが、奴らのほうが上手です。

 こちらが圃場の様子です

ステックセニョール開花.14.04.05.

 手前の畦は手が行き届いたおかげで開花しておりません。

 奥の畦と他2箇所の園地は完全に開花しました。

 ステックセニョールの花を見てみます

 農業は・・・・自然相手の産業ですので、いろいろと人間様の予想を超えたことが起こります。

 現在は、レタス類やルッコラをハウス内で量産しておりますが、路地ではステックセニョールが生育中です。

 ハウス内ですら収穫・植え付け・播種を並行して行っている中・・・・・・ステックセニョールが大量に収穫可能な状態となっておりました。

 うすうす気付いてはいたのですが、連日の重労働で思考が鈍くなっていたのでしょう。

 こんな状態です

ステックセニョール.03.03.

 取れるは、取れるは・・・・・、もう勘弁してください状態です。

 百姓の宿命でしょうか。

 収穫がなければないで苦しんで、あればあっただけ苦しむものであります

 

 相変わらず腰が痛い・・・・・・・。

 野菜は待ってくれないので出荷作用は継続します。

 寒くはなっておりますが、ステックセニョールは相変わらず好調です。

 こちらがステックセニョールの圃場です。

 

ステックセニョール.14.02.02.

 風で折れた葉が枯れて貧弱にも見えますが、本体は好調です。

 通路に落ちている葉はステックセニョールを収穫した時に除去した葉です。袋詰めをした後にしおれてきて、きたなぼったくみえるのでここで除去します

 静岡も寒いのですが、当やまひこ農園の露地畑ではステックセニョールの収穫が順調に行われております。

 普通のブロッコリーとくらべると収穫に手間がかかることが問題ですが、ある程度栽培しておけば毎日収穫が望めます。収穫期の延長が可能なことが通常のブロッコリーと比べて最大の利点であります。

 さて、ステックセニョールを収穫していて珍しいものを見ました。

 こちらです。

ステックセニョールと氷.14.01.27.

 ステックセニョールの葉に溜まった水が、夜の寒さで氷になっていました。

 涙のような形をした氷です。

 風情がありますが、それにも増してこんな寒さの中、次々花房を出してくるステックセニョールの強さに驚きます。

 

業務用としてご入用の方はこちらまでお問い合わせください。

やまひこ農園お問い合わせフォーム

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 やまひこ農園HPトップページ

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください!

 この静岡でも氷が張り、霜柱が立つ寒さとなりました。

 寒いです。

 それでも露地の畑では収穫があります。

 こちらが収穫をしているステックセニョールの畑です。

冬のステックセニョール.14.01.13.

 真冬のステックセニョールですが、アントシアニンがでて赤ぼったくなっていません。

 他の圃場のステックセニョールにはアントシアニンが出ているものもありますが、こちらの圃場のものにはでていません。生長しているようです。

 寒さに強いブロッコリーですが、今の季節はさすがに周辺のブロッコリーの多数はアントシアニンが出ています。

 9月24日に定植を完了した圃場のステックセニョールです。

 本日収穫したステックセニョールは台風前の9月18日くらいに定植したものです。(メモが・・・ハウスにあるので・・・)

 普通のブロッコリーと異なっている点はこちらです。

ステックセニョール.13.11.22.

 花房が小さいです。

 ステックセニョールの栽培法には、頂花房は除去することとあります。理由はそのほうが腋芽がよく出てくるからです。

 私の場合は・・・・そんなことをするよりも面積で勝負です。

 ドズル・ザビ中将曰「戦は数だよ!アニキ」

 その通りであります。

 家庭菜園でもあるまいにそんなに細かく手をかけて入られません。

 一見小さい花房ですがよく見てみます。

 ステックセニョールに薬剤と共に自作の有機液肥を混用して散布しました。

 一目で違いが分かります。

 ちょっと写真の撮り方が悪いので・・・・・ですが、やはりこの時期有機液肥の葉面散布は見た目に効果をあらわせます。

 先ずは昨日のステックセニョールの状態です。

ステックセニョール.11.05.

 葉がだれたようになっております。

 この後薬剤散布を行います。

 そうすると次の日には・・・・・。

 

 ステックセニョールを沢山栽培していると、いろいろ面白い姿を発見することができます。

 F1種子ですので遺伝的には揃いがよいのですが、環境や樹勢など内外の要因で姿が変わってくるようです。

 こちらです、先ずは全体像から。

ステックセニョール.13.10.24.

 9月の台風で被害を受けて、先日剪定したものです。

 まだ株はしっかりしています。

 花房の中央が黄色くなっています。

 

 

 10月14日に中耕を行い、16日に除草剤「プリグロックス」を散布したステックセニョールの圃場に雑草が生え始めました。

 早いです!。

 中耕後6日、除草剤散布後4日で雑草が発芽を始めました。

ステックセニョールの圃場.13.10.20.

 除草剤で大体草が枯れて綺麗になりました。

 使用した除草剤「プリグロックス」は茎葉処理のタイプで液が付着した部分のみが枯死します。(ラウンドアップと異なり浸透移行性はありません)。散布後すぐに効果をあらわすのでかけムラがすぐに判ります。もちろん土壌処理効果はありません。

 しかし、散布後の発芽が早すぎます。温度が低下してきたのであまり問題ないと考えていましたが、ここのところの雨が好環境を与えたのでしょう。もちろん温度も高いせいです。

 くそー!。

 また除草剤をかけなくてはいけません。

 雑草発芽の様子を記録しました。

 

 幸いにそれほど被害が無く台風が通過しました。

 雨台風と言う感じでした。今の所目に付いた被害は・・・・・ハウスの外に出してあったアイスプラントの育苗箱です。発芽初めのアイスプラントをハウスの高温にさらさないように外に出してあったのですが、仕舞い忘れて強い雨に当たってしまいほぼ全滅の状態です。外見よりアイスプラントはデリケートにできています。(はあ)

 圃場で気になるところは今年水田をやめてステックセニョールを栽培してある水田転作園です。

 排水に問題があり、これが原因として枯死したステックセニョールがありました。一番の枯れた原因は台風による強風です。わずかでも排水溝を掘ってあったので命拾いをしていました。

 秋の補植のときに排水溝を拡張して対策としておりましたが、まだまだ不完全なようです。

 こちらが全景です。

ステックセニョール.13.10.16.

 畦作りは人力です!

 高畦にしないと水につかる恐れがあるのでかなり努力しています。そのためからだが大変で・・・・・まだ完全に園地に畦を作れずにいます。重粘土の畑はおこしにくい。

 右側の畝間には水があまり溜まっていません。左側になるほど悪くなっています。

 天気予報では、十年に1度といわれている(本当か?)大型台風が関東に上陸するそうです。

 この季節にまた台風か・・・・・、といぶかしくも思いますが自然のほうで何かが変化しているのでしょう。もうじたばたしません。なるようになれだ。

 さて、昨日中耕して液肥を灌注したステックセニョールに変化がでました。

 こちらです。

ステックセニョール.13.10.15.

 しゃきっと立ち上がりました。

 綺麗です。この姿勢が好きなので液肥を潅注します。(理由の一つ)

 よく見てみます。

 先日定植の完了したステックセニョールの圃場に来ました。

 台風で剥されたマルチの部分に草が生えてきたので中耕と除草を行い液肥を施用します。

 こちらがその畑です。

ステックセニョール圃場.13.10.14.

 通路には特に草が生えています。こちらは除草剤を使用します。

 畦の中には除草剤はかけられないので手取り除草です。別名「テデトール」です。

 マルチの穴から生えてきた草もついでに除草します。

 圃場のすべての草を手で取るわけではないのでかなり作業上は楽になっていますが・・・、手間がかかります。

 植えつけた後は、必ず次の日に見回りを行います。

 虫にやられたり、植え痛みをおこしているものなどを早めに見出して補植を行うためです。

 植えつけた直後のステックセニョールと定植後1日経ったステックセニョールの状態を紹介します。

 こちらは定植直後のものです。

ステックセニョール.13.09.25.

 しおれております。

 このあと液肥を潅注して終了します。

 そうすると・・・・・

 まだ、春に定植したステックセニョールが収穫できていますが、今期も大量に定植します。

 今収穫できている株も・・・・・正直何時まで収穫できるのか全く分からないので念には念を入れて栽培計画を立てます。

 台風前より定植を進めてきて・・・・、台風のために完了が遅れましたがようやくこの畑は終了しました。

ステックセニョール定植.13.09.23.

 やっと一仕事終えました。

 台風のために先に定植した畦のほうではマルチははがれ、欠損した株も幾つか出てきましたので、そちらにも補植をします。

 台風で見事に倒されましたステックセニョールです。

 こちらです。

台風被害ステックセニョール.13.09.17.

 完全に駄目になったものもありますが、何とか生き延びています。

 収穫できる茎があるので何とか収穫を行います。

 こちらが横倒しになったステックセニョールから収穫できたものです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち茎ブロッコリーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは生食用ソラマメです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。