小坂の、ある風景の最近のブログ記事

 気温も高く日も長くなりよく仕事ができる季節になってきました。

 天気予報では、明日より雨が続きそうです。露地畑の準備が完全に終わっていないので雨で仕事が遅れることが心配です。

 小坂川の土手では1本だけ生き残ったソメイヨシノが満開となりました。つまり露地畑に定植が可能となる合図です

小坂川のソメイヨシノ.15.04.02.

 綺麗です。桜の花が満開となると野菜の定植のことばかりが頭に浮かび気が休まりません。それにこの季節はちょくちょく雨が降ります。焦ってもしょうがないので毎年行っているようにできる仕事から片付けていきます

 暖かくなってきました。

 小坂川のソメイヨシノも開花を始めました

小坂川のソメイヨシノ.15.03.30.

 逆光で見難いですが、咲き始めです

 

ローズマリーの開花。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ローズマリーの花が咲き始めました。

 こちらです

ローズマリーの花.15.03.13.

 今まであまり気にしていなかったのですが、今の時期に花が咲くものなのでしょうか?

 かすかな記憶ではローズマリーの花は暖かいときに見たような気がしますが・・・・、注意していないと畑に植えてあってもこんな程度です。(正確には経営に寄与していないと注意して観察しないものです)

 他の写真はこちらです

 寒いです。

 春が近づいていることは間違いない間違いないようですが、かなり寒くなりました。温床の最低気温が5度です。昼間もハウス内では暖かく作業しやすいのですが、露地の山の畑ではきつい作業となります。

 これまでよりも風が強くなったので寒さも一段と身に沁みます。

 笹竹取りも1000本をようやく超えましたが、まだ足りません。寒い中若い翁である私が竹取りに山に入ります。

 作業していると汗をかいてくるぐらいですが、日が陰り始めたころ白いものが落ちてきました。

 「・・・・?」

 よく見てみると「風花」です

風花.15.03.10.

 どこの雪山から飛ばされてきたものかわかりませんが、寒くなる前触れです。

 雪ではないので空には太陽が見えます

 

 大分暖かくなってまいりました。

 小坂川の堤下に植えられてあります河津桜が見ごろになりました。

 毎日写真を撮りに来る方を目にします。青い空をバックに鮮やかな桜の花は綺麗に写真に写ります。

 私は素人ですのでこの程度ですが春の雰囲気が出るので紹介します。

小坂川の河津桜.15.02.27.

 冬は空気が澄んで景色がよく見えます

 毎日富士山を眺めています。

 季節によりその姿を変えるので見ていて飽きません。

 本日は天気がよくきれいに富士山が見えました。

 こちらです

富士山.15.02.14.01.

 下の道路は東名高速道路です。

 東名の側道より写しました。

 もう少しアップにしてみます

 寒い日が続いています。それでも昼間はハウスの中は春です!。

 ルッコラ、ロメインレタスなどは良好な生育をしています。

 作業をしていると最近よく視界のわきで白いものがちらちら動きます。

 また、セキレイが遊びに来ました。

 こちらです

セキレイ.15.02.12.01.

 近くによると逃げてしまうので、遠くから撮影しました。拡大するとちょっと画像が悪くなります。

 畝に生えている野菜は、ロメインレタスです。白黒マルチに植えています

小坂川の桜開花!。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 まだ寒い日が続きますが、小坂川では河津桜が開花しました。

 こちらです

小坂川の桜.15.02.06.

 

 わずかな数ですが開花を始めました。

 他の枝のほうは・・・・

冬のカエル。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ハウスの中は冬でも暖かいので害虫も越冬しますが、カエルなど小動物もよく目にします。12月くらいまで頻繁にカエルを見ますが、1月になると冬眠をはじめます。

 冬眠といいますが、暖かいハウスの中のこと土の下に僅かに体をうずめる程度です。そのため野菜の定植時、除草時に土の表面に出てきてしまいます。

 こちらのカエルも除草時に発見されたものです

 

冬のカエル.15.02.01.

 草の下に逃げ込んであります。

 黒っぽい皮膚をしています。結構目立ちにくい色です

初霜、初氷。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 寒くなりました。

 数日前には風花が舞っておりました。静岡にも厳しい厳しい冬が参りました。

 本日、私の園地では初霜を観測いたしました。

 いつもの通り真っ直ぐ脇目も振らずハウスの中に入りますと、青臭い香りがします。これは霜で凍死した植物の香りです。

 矢張りとみるとバジルがやられていました。オカワカメも午後には黒く変色していました。残っていたトマトも完全に枯死状態です。

 冬の寂しい光景です。

 外ではバケツの水が凍っています

IMG_4397.14.12.19.JPG

 寒いはずです。

 いくら静岡が暖かいところといっても寒さで死なないだけというくらいのもので、私の父上は信州の出身ですが寒いといっていましたから、寒いのです。

 百姓は寒い中でも外で働かなくてはいけない・・・・・切ないなあ

 

 

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 やまひこ農園HPトップページ

 お問い合わせフォーム 

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください!

本日は御施餓鬼です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 私は若いのですがお寺の役員を仰せ付かっております。(世襲ですから・・・・)

 ただ、会社員や静岡から出て行った若い方々は免除です。(道理で都会には慇懃無礼な奴が多いわけだ)

 普段着ですが安養寺へ向かいます

安養寺本堂.14.07.23.

 我が菩提寺安養寺の本堂です。

 なかなかの造りです。

 私の7月のイベントはお盆と寺尾博士の命日と御施餓鬼です。あちらの世界と交流が深い月です。

 ・・・・・・・・・・・。

 寺尾博士や増井博士などあちらの世界にいる方々を調査するようになったのも、このような文化のなかで生活している為でありましょうか

 河津桜に続いて桜の横綱「ソメイヨシノ」が満開となりました。

 こちらです

小坂川のソメイヨシノ.14.03.31.

 河津桜のほうはすでに葉っぱだけとなりました。

 桜といえばソメイヨシノを指すだけに見ごたえがあります

 

安養寺大般若法要。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われます。人間も自然の一部であるようで生活も季節に合わせて変化があります。

 そして、その心の変化に沿うように季節の変わり目には行事があります。

 私の菩提寺「安養寺」では、大般若の法要と総会が行われました。

 こちらは安養寺山門です

安養寺山門.14.03.29.

 大般若法要のあとは檀家の総会が行われました。私、若輩者ながら・・・・議長です!。

 年寄りが役かと思っておりましたが、時代が変わってきました。最も私の年齢でお寺の役員を務めている若者は・・・・私のほかにはいません

 春の訪れを感じさせる河津桜が満開になりました。

 休日には結構人が集まります。

 私は毎日見ていますが・・・・・畑のほうが気がかりで気分よく堪能する気持ちにはなれません。

 悲しいかな百姓・・・・・

河津桜.14.03.03.

 アップで見てみます

 静岡は春になりつつあります。

 小坂川の堤に植えられてあります、河津桜が開花を始めました。

 一山越えれば雪地獄の時でありますが・・・・・自然の無情さを感じております

小坂川の河津桜.14.02.16.

 綺麗です。

 個人的にはソメイヨシノのほうが好きですが、これはこれで楽しめます。

 周囲の状況を考えると桜を拝めるだけ幸せであります

 私の住む静岡市小坂には雪は降っていませんが、静岡東部より関東のほうは大変なようです。

 横浜に住む百姓の同級生より連絡あり、雪の重みでハウスが潰れたとか・・・・。

 冗談ではないかと思うような話です。だいたい加温してあるハウスが雪の重みで潰されること事態は完全に想定外でしょう。

 ・・・・・・・・・。

 気象災害にいつも泣かされる百姓であります。

 ふと、東名のほうを見るとこちらはすごい渋滞です。

東名渋滞.14.02.15.

 こちらにも泣かされている方々おります。

 東名が閉鎖されたのかと予想していたら、案の定閉鎖されていました。清水より先は閉鎖です。

 下り線は調子よく車が走っていました。

 近年異常気象で強風による災害が増えてきましたが、大雪による被害だけはないのが静岡の恵まれている所であります。

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

 

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 やまひこ農園HPトップページ

 やまひこ農園お問い合わせフォーム

1月の富士山!!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 毎日富士山を眺めております。

 夏の富士山と異なり、冬の富士山は綺麗です。

 化粧をしています。

 たぶん女性です。

 我々駿河人は富士山に対する尊敬の念が強いので、化粧が出来ない夏季に富士山には近づきません。ましては、富士山に登山するなんて・・・・もってのほかです。あら捜しをするようでもあります。(おそろしあ・・・・、おそろしあ・・・・・。)

 もやのかかりにくい冬の富士山が一番綺麗に見えます。

 こちらが私の地域から見える富士山です。

 

富士山.14.01.27.

 くろっぽいものは・・・・デジカメについたゴミです。(土ぼこりなのか・・・・とれない)

 こぶ付ですが綺麗です。

 天気がよければ毎日拝めます。

 

 

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 やまひこ農園HPトップページ

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください!

 昨日安養寺で役員新年会が行われました。

 若いですが!私も出席します。

 安養寺の門をくぐって行きます。

安養寺山門.14.01.09.

 考えて見ると安養寺とは随分と長い縁であります。

 安養寺で運営していた小坂幼稚園に通ったことがある最後の世代です。

 まだこの小坂に子供が多かった世代であります。(私は)

 昨日、出荷の野菜をまとめていると頭上で「パタパタ」と音がする。見るとなじみのセキレイです。

 昨年も毎日ハウスの中で見かけておりました。

 よく見るほうは、おとなしい方の一羽(メスか?)ですが、時々にぎやかい方のもう一羽(オスか?)が加わり、2羽で鬼ごっこ(求愛行動か?)をしています。

 こちらの写真は昨年の28日に撮影したものです。

セキレイ.13.12.28.

 マルチを張るために整地した畦の上で何かをついばんでおります。

 外は寒くてもハウスの中は暖かいことが判ったのか。

 正月早々、縁起の良いお話です。鳥は神の使いです。神様の使者であります。

 

 新年明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願い申上げます。

 

 私の新年はお寺に年賀の挨拶に行くことから始まります。(その後はもちろん受付の手伝いです。)

 毎年思うのですが・・・・私の年齢で(つまり若いということ)新年よりお寺さんとかかわりがあるとは実に縁起の良いことでしょう。極楽への近道であります。(天国に一番近い場所)

 こちらは安養寺より静岡を見た風景です。

安養寺より静岡元旦.14.01.01.

 毎年のことですがよい眺めであります。

 見下ろす風景は実によいです。

冬の蜂。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 久々の更新です。

 百姓仕事の忙しさのあまりに、ブログのほうは後回しとなりました。

 ステックセニョールを収穫しているときに、蜂を見つけました。

 こちらです。

真冬の蜂.13.12.15.

 アシナガバチです!

 まだ気温は零下になっておりませんが、蜂には不自由な環境です。

 あまり見かけませんが冬篭りの準備をしているのでしょう。

 静岡は暖かいからか意外と世間では珍しいことがあります。

 何年か前に12月31日(30日かもしれない)にミカンきり(収穫)をしていたら・・・・、蜂に刺されました。手袋の上からブスリと一撃です。

 焼け火箸を刺されたような痛みで手を見ると、アブのような大きな蜂が逃げていきました。名前はわかりません。

 さて、このアシナガバチはおとなしそうなのでより近距離で写真を写します。

冬眠の邪魔をしたか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ハウス隣の露地畑にマルチを張るために畦立てをしました。

 ロメインレタスを定植する予定です。

 計画の数量に今だ満たない状態なので、作業を急ピッチで行います。

 そうしたら・・・・・かき上げた土の中から何か動くものがあります。

 こちらです。

冬のかえる.13.12.05.

 鍬の刃の脇にいます。

 作業も急がなくてはならないのに・・・・こんなことに関心を持ってみているのですから、作業が遅れること当然であります。(このくらいのよそ見は・・・・)

 何時も一人で静かに仕事をしておりますが、ここのところセキレイがハウスに住み着いた(?)ようでにぎやかくなってきました。

 寺尾博士の共同研究者であります「仁部富之助」さんでしたら涙を流して喜んでくれる光景でしょう。

 作業している私に近づいてきたり、私が気が付いてそちらを見るとあわてて逃げるセキレイを見ていると・・・・・「ダルマさんが転んだ」をやっているようでもあります。

 可愛いものです。スズメよりもセキレイの方が綺麗っぽく品があります。(五月蝿くない)

 こちらです。

セキレイ.13.11.04.

 整地する前の圃場です。ミミズか虫を探して食べているのでしょう。

 動き方が実にリズミカルで可愛く見えます。

 アップにして見ます。

 私の畑がある前の小坂川の土手には河津桜が植わっています。

 有志の方が手をかけてくれているお陰で大きくなり段々見ごたえがするようになりました。

 最近も花を咲かせました。

 気象災害があると花を持つのは桜の特性なのか?

 いつも季節外れの花に気がつくのは気象災害の後です。

 こちらがその花です。

季節外れの桜.13.10.13.

 時期の桜に比べると寂しいですが、なにか励まされるような感じがします。

 「残る桜、散る桜。残る桜も・・・・・・。」まあ、この辺にしておきます。

 もう一つ咲いています。

 また台風です。

 それでも静岡は被害が少なかったようです。まあ幸いでありますが、昨年、一昨年とハウスの主要部分いいたるまで被害を受けたのですから、そう毎年被害を受けていたら百姓なんてやってられません。

 今回の災害についても、80過ぎの年寄は私に

 「こんなに災害ばかりくるなんて、昔はこんなことはなかった」

 80の年寄ですら、この頃の気候を異常と認識しているのですから、私が百姓をやるようになったのは「知らぬが仏」と言うところでありましょう。こんなに異常気象が続くことなんか想定外もいいところ。

 こちらは、昨日までに定植を終了した「ステックセニョール」の圃場です。

 マルチが剥ぎ取られています。よく観察してみると比較的苗の状態はよいようなので数日そのまま放置して様子を見てみます。

台風で剥ぎ取られたマルチ.13.09.16.

 手間がかかることばかりです。

 幸いなことに今回はハウスの被害は免れました。

 露地畑がすごいことに・・・・・。

 昨日ご近所さん兼親戚のお葬式がありました。

 この小坂は古式に則ってお葬式を行います。(多少は簡略化されましたが)

 葬列を組むなんぞその辺の葬式では今では見られません。

 昔は自宅からお寺まで葬列を組みました。私の幼い頃・・・・1歳と11ヶ月で曽祖父の葬式があり、私は孫杖を持って自宅からお寺まで1km余ある距離を歩いたそうです。(田舎の子供は体力が在るようです)

 現在ではお寺の山門から葬列を組むようになったのでほとんど歩きませんが、葬列は組んでいきます。

 ここのところ"六道"と縁があるようで、よくこの六道を2本持って葬列に参加します。

 ただ、葬列は境内で3回周るのです。(意味はよくわかりませんが)

 

安養寺境内.11.09.06. 六道を先等にしてです。

 右回りなのか、左回りなのか確認しないと・・・・後で恥をかくので年配者に伺います。

 7月は私の住む小坂ではお盆月です。そしてもう一つの行事であります御施餓鬼もあります。

 軽く仕事をしてシャワーを浴びて安養寺に向かいます。

安養寺.13.07.23.

 暑い日です。

 ちなみに私は若いのです。年寄り臭いことばかり書くので年配者と思われるところがありますが・・・・・若いです。

 お寺の檀家役員なので行事には必ず出席します。最年少役員です。

 檀家役員は世襲制です。(戦後左翼どもが破壊できない文化がここに残っています・・・・まあ奴らにとって金にならないものは放置してあっただけでしょうが)

ハウスの主!!!。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ハウスの管理者は私ですが、このハウス建設当時より住み着いているのが「ヤマカガシ」です。

 ヘビですが、実におとなしい奴です。私が近づくと急いで逃げていきます。

 一度ひもと間違えてつかもうとしたら、・・・・・・おたがいにビックリして、あわてて引き下がりました。お互い見えないところで胸をなでおろしました。

 マムシと違って殺気がありません。ハウスにいるカエルやネズミを食べているのでしょう。

 かなり長い付き合いですが、最近見るヤマカガシは小さい奴です。代替わりをしたのでしょうか。

 こちらです。

ヤマカガシ.13.06.27.

 かわいい目をしています。いたずらをしなければ向かってきません。

 マムシと異なる所はテリトリーに侵入しても、危害を加えられないと噛み付いてきません。そういうヘビです。おとなしいヘビです。

 これからこのヤマカガシを良く見るようになるのでしょう。

 

やまひこ農園のHPです。

やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

やまひこの梅干販売ページリンク 

やまひこ農園のトップページへのリンクです

 

日本農業の振興に多大なる功績があった静岡出身の農学者を紹介した記事です。

日本の農学の基礎を作った陸羽132号の作出者「寺尾博」博士。 

 初生雛鑑別技術の発見者にして世界に名の知れた動物遺伝学者「増井清」博士。 

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

 最近よく見かけるようになった近所の飼い猫です。

 ハウスに入らないので別に気にしておりませんでしたが、今日ステックセニョールを収穫しているときにまた見かけました。

 畑に猫.13.07.05.

 慣れているのか私が作業していても全く気にしません。

 ちなみに小雨が降っています。

 それも気にしません。つまり感覚の鈍い猫です。

 私のハウスは様々な生き物の住処になっております。

 虫はまあ多くいますが、カエル、ネズミ、モグラ、そしてヤマカガシなどが動物ではおります。

 今度はハウスの隙間から侵入してきたセキレイが居つくようになりました。

ビニールハウスにセキレイが.13.06.30.

 わかりますか?

 内張りの支柱に止まるセキレイが見えます。

 隣の蔓はオカワカメです。

 生育絶好調のオカワカメです。

 この頃オカワカメにアオムシがつき始めて対策に苦慮しておりました。(登録農薬が全くないので、BT剤とボルドーに頼るより他はありません)

 しかし、セキレイを見かけるようになってアオムシを見ることが少なくなりました。ありがたい援軍です。

ヒヨドリか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 一人黙々とルッコラを定植をしている私の頭上でにぎやかく鳥が鳴く声がします。

 ピーピーといいますか、なんといいますか、野鳥については詳しくないのでよくわかりませんが、とにもかくにもにぎやかい。

 こちらです。

電信柱に鳥.13.06.29.

 こんなに多く鳥が止まることは、稲刈り時のスズメ以来です。

 アップにして見ます。

 最近驚いたことの一つですが、ロメインレタスの収穫をしていると・・・・持ち上げたロメインレタスからあわてて飛び出すものがあります。

 ・・・・・?。

 アオムシにしてはすばやい動きです。4つ足です。

 飛び出してきたものをよく見ると・・・・「トカゲ」です。

 あわてて姿を隠します。

 今回またそのトカゲと出会いました。

 こちらです。

ロメインレタスとトカゲ.13.06.16.

 今度は慣れたのか余動じません。

 写真を撮るまでじっとしていました。

 私の圃場は、当然ですが農薬や化成肥料を使用しています。しかし、鳥やこれら小動物が良く目に付きます。ハウスの中には相変わらず主と化したヤマカガシが悠々と闊歩しています。

 まあ、農薬や化成肥料ごときで自然を破壊できるほど自然が脆弱ではありませんが。

 

 静かな様で、にぎやかいやまひこ農園の野菜畑です。

 

やまひこ農園のHPです。

やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

やまひこの梅干販売ページリンク 

やまひこ農園のトップページへのリンクです

 

 

野菜、園芸関係のブログ記事リンク集です。

 菜園物語3

 園芸・ガーデニング 

 在来品種・伝統品種 

 トマト大好き 

 スイカの季節

 

 日本農業の振興に多大なる功績があった静岡出身の農学者を紹介した記事です。

日本の農学の基礎を作った陸羽132号の作出者「寺尾博」博士。 

 初生雛鑑別技術の発見者にして世界に名の知れた動物遺伝学者「増井清」博士。 

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

 

 私の畑には人間以外はよく遊びに来ます。(ニンゲンの中には泥棒がいるので・・・)

 セキレイはおなじみですが、餌はやりませんがハトが最近よく来るようになりました。

 こちらです。

採種畑にハトが.13.06.05.

 ハトが何かをついばんでおります。

 ここは元在来コカブの採種地であります。

 コカブのこぼれダネを拾っているのでしょう。

 アップにして見ます。

 夏場に採種する予定のロメインレタスですが露地で残しておいた数株、トウ立ちを始めたので様子を見ようとそのまま放置しておきました。(圃場にそれでも余裕があるので可能です!)

 花を持ち、咲き始めてきました。

 珍しいロメインレタスのはなです。こちらです。

ロメインレタスの花.13.06.02.

 ごちゃごちゃしておりますが、タンポポみたいな花が咲きます。(大きくはありませんが)

 綿毛がでて風で飛ばされていきます。(早く採種しないと畑のあちこちでロメインレタスが芽を出します)

 アップにして見ます。

 今年の冬は寒かったのですが春は暖かいです。

 梅は開花が遅く、桜は開花が早かったことでよく証明されています。

 先日紹介した小坂川のソメイヨシノはもう葉桜です。

 こちらです。

小坂川のソメイヨシノ.13.04.04.

 逆光で見難くて失礼。

 桜の花をアップにして見ます。

 私の菩提寺曹洞宗「安養寺」にて、方丈さん企画でミニコンサートが行われました。

 開山以来です!!!!

 もちろん方丈さん企画ですからチャライコンサートではありません。

 童謡や心にしみる名曲が主です。

 安養寺前庭.13.03.29.

 この環境に良くあう名曲です。

 聴衆は・・・・こちら。

 3月下旬です。

 私の菩提寺「安養寺」では大般若法要と護寺会総会が行われます。

 私は年は若いのですが役員です。

 参加者の受付の仕事を行います。(お寺の仕事は年寄りだけではありません!)

 

 安養寺本堂前です。

安養寺本堂前.13.03.29.

 ここで女性部が参拝者に甘茶を振舞います。

 本堂の中の様子を写しました。

 暖かい日が続きます。

 非常に寒い冬がうそのように暖かくなってきました。

 梅の開花は遅れましたが、桜の満開は早いようです。

 私のほうも野菜の播種・育苗それに畑の整理に追われております・・・・。

 

 小坂川にあるソメイヨシノがもうすぐ満開です。

小坂川のソメイヨシノ.13.03.22.

 春になると忙しくなるのは私だけではありません。

 連れがいます。

小坂川の河津桜!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 気温も上がり小坂川にある河津桜が咲いてきました。

 できるだけ綺麗に写せる日を待って写真を撮りました。

 こちらです。

小坂川の河津桜.13.03.12.

 菜の花の黄色にはえて桜のピンクが綺麗に見えます。

 桜を眺めるには晴天が一番です!

 ターサイ(チヂミ菜)の花が咲いてきました。

 本年出荷品目のひとつとして計画しております。

 今年で試験採種2回目です。(前回はほんの僅か採種しただけです)

 今回はそれでも数回分になるように採種します。

 

 こちらが現在のターサイ(チヂミ菜)の様子です。

ターサイの開花.13.03.11.

 アブラナ科の野菜だけにキャベツや小松菜と同じような花が咲きます。

 花色は黄色です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小坂の、ある風景カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは商品紹介です。

次のカテゴリは新鮮野菜 レシピです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。