農薬の最近のブログ記事

ボルドーの散布。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 秋になりました。このくらいの気温の低下はトマトにとって丁度よいくらいです。

 トマトにとって生育適温ではありますが、実はこの季節に一番注意しなくてはいけない病害が「葉カビ病」です。他の農家の園地ではどうか知りませんが、私の園地で「葉カビ病」が発生する時期は決って春と秋です。それも昼間の高温(ハウスだから当然ですが)、を気にして午後農薬散布や液肥の散布、サイド潅水を行って夕方まで露が切れない場合に発生します。

 こうなると真夏の高温乾燥時期の方が気楽ですが、現在のミニトマト(ピュアスイート、ピュアエンジェル共に)威勢を回復してかなり実をつけています。何とかしてこれらを温度があるときまでに成熟させて出荷してみたいと思います。

 葉カビ病が発生するに先んじて一番効果のある農薬「ボルドー」を散布します

Zボルドー.14.09.19.

 私の使用するボルドーは「Zボルドー」です。ボルドーの薬害を軽減する為に、炭酸マグネシウムと硫酸亜鉛が配合されています。石灰・硫黄・銅だけでなく、苦土(マグネシウム)、亜鉛の補給にもなります。(どの程度葉面吸収されるのか不明ですが、根からも吸収されるので心配後無用です)

 このZボルドーに更に、尿素、塩化カリそして自作の有機液肥を混用して散布します。威勢を強めて最後の収穫に望みます

 このボルドーの最大の欠点は、沈殿しやすい点です。必ず底にいくばくかボルドーが残ります。それでも一応ボルドーをバケツで中間濃縮液を作りタンクに移して調整します

 10月14日に中耕を行い、16日に除草剤「プリグロックス」を散布したステックセニョールの圃場に雑草が生え始めました。

 早いです!。

 中耕後6日、除草剤散布後4日で雑草が発芽を始めました。

ステックセニョールの圃場.13.10.20.

 除草剤で大体草が枯れて綺麗になりました。

 使用した除草剤「プリグロックス」は茎葉処理のタイプで液が付着した部分のみが枯死します。(ラウンドアップと異なり浸透移行性はありません)。散布後すぐに効果をあらわすのでかけムラがすぐに判ります。もちろん土壌処理効果はありません。

 しかし、散布後の発芽が早すぎます。温度が低下してきたのであまり問題ないと考えていましたが、ここのところの雨が好環境を与えたのでしょう。もちろん温度も高いせいです。

 くそー!。

 また除草剤をかけなくてはいけません。

 雑草発芽の様子を記録しました。

 

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち農薬カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは資料です。

次のカテゴリは農業資材です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。