土壌改良の最近のブログ記事

施肥の後は耕作。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 肥をまいたら耕作です。

 私は耕作が農作業の中で一番好きです。耕作をやらせてみればその人がどのくらいの練度であるかもわかります。百姓=耕すそのものです。

 私の一番好きな作家「山本周五郎」さんの小説によくでてきます。武家ものと同じく百姓ものも実感がわいて面白く読んでおります。

 現在は農産物の価値が相対的に低下してきたのであまり手間をかけてはいられませんが、できる範囲で行っております

耕作.15.03.28.

 耕作と一口に言いますが、労力と時間がかかります。人によっては肥を散布してトラクター(耕耘機)でうなってから畝立てすれば手間がいらないと考える方もいます。もう一段省力化として耕運してからトラクターのアタッチメントを変えて畝立てとマルチ張を一度に行えるようにしてすぐに定植できるようにする方もいます。

 私の場合は、面積によって作業を変えていきます。5反歩くらいから耕耘機の使用を考えます。1町歩を超えるくらいから畝立てとマルチ張を機械化することを考えます。それまでは人力で問題ありません

 昔(私が生まれるはるか前)は、マルチと言うと透明マルチを指していました。今では黒マルチです。

 生分解性のマルチ(紙、デンプン、分解性ビニール等を使用したもの)も一時期はやりましたが、コストが高くて・・・・主流にはなりませんでした。

 それらの生分解性マルチは専門店やホームセンターで大々的に販売されていましたが、最近は・・・・・目にした記憶がありません。

 それだけ農業となるとコストの概念が重要になってくるようです。(まあ当然ですが)

 昔ながらの資材にも有効な利用方法があります。

 この透明マルチも使い方によってはかなり有効です。

透明マルチ利用法.13.05.25.

 これは張ったばかりの透明マルチです。

 土壌から放出される水蒸気で曇り始めました。

 この日は5月25日です。

 その後どのようになったか。

採種圃場の現在

| コメント(0) | トラックバック(0)
 ミミズのウンコで紹介しました「採種圃場」ですが、その後どうなったか・・・。


 もちろん現在は葉物野菜を栽培しています。品目はロメインレタスです。

 こうなりました。


採種圃場のその後


 畝立てしてマルチをかぶせたところにロメインレタスが植わっております。

 ・・・・通路の部分には雑草のようにモチナが生えております。

 いつも思うのですが、栽培するよりこちらの方が生育よいのではないかと。(実際は栽培圃場の方は収穫しますから、こちらは生やしっぱなしです)

 ミミズがいる畑はよい畑。ミミズのいる土はよい土である。

 

 と、よく言われます。そして昔、ミミズを畑に入れる人もいました。堆肥がよいといってたくさん堆肥を入れる人もいます。(こちらは否定しませんが)


 さて、よく畑を観察しているとミミズが増える畑がどういう畑かよくわかります。

 まずはミミズのウンコ探しです。

 これです!

ミミズのウンコ


 レッドロメインの植わっているところにこんもりありました。

 理由は・・・・

 耕運した次の日雨が降りました。

 5日経ちました今日どのような状態になったでしょうか。


IMG_1169.11.03.04.JPG


 右側の転々とした穴は、私の歩いた跡です。ふかふかです。

 ・・・・。毎年これを繰り返していつも気になるのですが、堆肥を入れると土がふかふかになる。という話を耳にしますが、私の観察では有機物を沢山入れると土がふかふかになる。と表現したほうが実際に近いのではないでしょうか。(別に堆肥と断らなくても)
 もちろん堆肥を販売されている方の商売の邪魔はしませんが。

耕運

| コメント(0) | トラックバック(0)
 厩肥を入れたら耕運です。明日雨が降るとの天気予報に急いでトラクターを取りに行きます。(2月27日)

 

 この耕運の意味は、厩肥と土を混ぜるだけではなく、雑草防除、雨水の蓄積(畑に)です。
 

 雨水の蓄積の面はあまり知られてはいませんが(土壌学では常識)、毛管を耕運で断つことにより土壌表面より水分の蒸発を防ぐ意味があります。従いまして、耕運は雨の後が一番よろしい時期になります。

 

 ヨーロッパで畜耕がさかんな理由は主に、雑草防除と雨水の蓄積であります。(すばやく広い面積を作業するため・・・単位当りの収量が低い)。三圃式輪作でもノーホーク式輪作でもこの点は同じです。不安定な天水を頼みにする農業であるからこそ雨水を大切に使う発想が生まれるようです。

 

 日本では豊富な河川の水を潅漑水に利用するため、河川の水量で水田の耕地面積が決められますが適正範囲内にある限り収穫は保障されます。(水は収穫を保障し、肥料は収量を保障する。By毛沢東)

IMG_1013.11.02.27.JPG

 さて、作業を始めます。

畑に厩肥散布

| コメント(0) | トラックバック(0)
 今まで、日記のカテゴリーに入れておりましたがこの記事から、農業技術の畑つくりのカテゴリーに入れておきます。

 積んできた厩肥を畑にあけます。(2月23日)

 
 IMG_0938.11.02.23.JPG


 あとこれだけです。

トマトとミミズ2

| コメント(0) | トラックバック(0)
8月から実験を行った、ミミズの生存実験の結果が一応出ました。

前回の実験
トマトとミミズ


 今回は直径15cmのポットで行いました。トマトを処分して鉢を逆さにしたときの写真です。


みみず


 しっかりと通り道も出来ています。この大きなポットに変えてから4ヶ月くらい経っています。トマトの水管理でも十分ミミズは成育するのでしょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち土壌改良カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは農業資材です。

次のカテゴリは堆肥です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。