露地トマト園地に支柱を立てます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 片方で植え付け用の畝を立てながら定植も行いながら、そして育苗もしながら露地トマト園地に支柱を立てます。同じような時期に定植したハウス内のトマトはすべて1回目の誘引作業を終了しました。

 ハウスのミニトマトはハウスだけあって生育がよくもう少しで私の肩まで先端が伸びます。

 露地の方もそろそろ誘引するための誘引柵を作らなくてはなりません。

 そのために支柱を立てます

露地トマトの支柱.15.05.24.

 数日前より準備をして支柱を立て始めました。

 支柱は今年の2月から取り始めた笹竹です。よく乾燥しています。軽くなりました。

 この支柱を立てていきますが、手前と最後には組んだ鉄管のテーブルに固定をします。暴風対策です。

 鉄管を利用した訳は、重量があるので風に対して抵抗力があります。いくら上手に竹を組んでも暴風の前にあっては風の前のチリです。重さのみが風に耐えられます。(もちろんそれ以上の強さの風が吹いたら・・・・完全に破壊されますが)

 露地トマト誘引柵.15.05.24.

 20本束にした笹竹を運んで植えていきます。

 さす場所は事前に印をつけてあるので作業がはかどります。

 終了です

露地トマト支柱.15.05.24.

 笹竹が密に生えていて壮観な眺めになります。

 計画の支柱間隔は30㎝でしたが、これでは密すぎるので60㎝に変更しました。これでこの圃場に必要な支柱の数が少なくなりましたが、384本使いました。

 この後は横にひもを張るだけです

 

園芸リンク

食育

お花植物好き集まれ

園芸・ガーデニング

在来品種・伝統品種 

 スイカの季節  

 

やまひこ農園HPトップページ

やまひこ農園トマト栽培

やまひこ農園まくわうり栽培

やまひこ農園スイカ栽培

お問い合わせフォーム

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamahiko-farm.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/1193

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、yamahiko-farmが2015年5月25日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジャンボ落花生生育良好。」です。

次のブログ記事は「露地トマト園に液肥を潅注。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。