マルチ植穴あけ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 春なのに悪天候が続き露地の畑の準備もかなり遅れました。天気の良い日は遅れを取り戻そうと勇んで畝作りです。なかなか私もやるじゃないか・・・、と自分をほめたりなんかしていますが、腰痛には勝てません。

 気は焦るが仕事が進まないこともままあります。時期が時期だけに露地のほうは作業中止してハウス内の定植を優先します。

 こちらはハウス内の様子です

マルチ展張後.15.04.23.

 白マルチに光が反射してとても明るく感じます。

 マルチ張りも結構重労働ですが、植え付け前にはまた一つ仕事があります。

 植穴を開けなくてはなりません

 植穴を開ける位置を決めます。

 これを使います

植穴を開ける.15.04.23.

 マルチ栽培の時に使用します、自作の植穴用定規です

 

 マルチ植穴用定規.15.04.23.

 30㎝間隔にビスが打ってあります。これで植穴のしるしをつけていきます。90㎝幅の畝に3つの穴をあけていきます

 

植穴あけ.15.04.23.

 

 このような感じで穴をあけていきます。

 トマトを植えるためになぜ3つも穴をあけるのか?、といわれそうですが理由はあります。また紹介します。

 

植穴空け終了.15.04.23.

  終了です。かがみながら作業するのでちょっと時間がかかりました。

 明日から定植です

 

園芸リンク

食育

お花植物好き集まれ

園芸・ガーデニング

 

 

やまひこ農園HPトップページ

やまひこ農園トマト栽培

やまひこ農園まくわうり栽培

やまひこ農園スイカ栽培

お問い合わせフォーム

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamahiko-farm.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/1175

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、yamahiko-farmが2015年4月23日 21:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昔のスイカ「三笠」の発芽。」です。

次のブログ記事は「試験用サンマルツアーノ型トマト各種到着。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。