竹取物語終幕。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 2月末より、播種作業の合間に行ってきました露地栽培ミニトマト用の支柱集めです。

 支柱は山に生えています笹竹を使用します。ただ竹をとってくると一口に言いますがこれは結構大変です。

 作業の流れを説明しますと、竹を切る・一時的に集める(切りっぱなしだとあちこちに頭が向いてしまい空間的にその後の作業に支障がでます)・運搬・調整(長さ210cmに揃えます。また曲がっている部分は切除します。この時節に生えている枝葉を除去します)・ハウス前に仮置き(この時数がわかるように20本一束に束ねます)です。

 一番手間のかかる作業は、山からの運搬です。これは竹を切る場所によってかなり変化します。農道に近くて障害物がないところは竹を切ったあと出しに手間がかからないので竹の収穫量もよいのですが、地滑りで地の傾斜がきついところや雑木が障害物になっているところはかなり出しに時間をとられます。

 いろいろと困難続出の竹取物語ですが本日で終了です。もう3月中旬になります、そろそろハウス内だけでなく露地畑の定植準備を行い始めないと間に合いません。

 こちらが最後の笹竹です

支柱用笹竹.15.03.13.

 これだけで293本あります。

 これまで収穫した笹竹の本数は・・・・

 こちらです

支柱用笹竹.15.03.13.

 全部で1,867本です。これだけあれば拡張する予定の露地畑の分も間に合います。(本心は2000本を目指しておりましたが・・・・)

 この本数で管理できる畝の長さは、約280mです。(幅90cm)

 通路分を考えると大体5畝相当の栽培面積であります。

 これで今年のミニトマト露地栽培の準備は半分整いました。(ただ・・・・苗に悲劇がOrz)

 

野菜、園芸関係のブログ記事リンク集です。

 菜園物語3

 園芸・ガーデニング 

 在来品種・伝統品種 

 トマト大好き 

 

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 やまひこ農園HPトップページ

 やまひこ農園お問い合わせフォーム

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamahiko-farm.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/1145

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、yamahiko-farmが2015年3月13日 21:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀泉マクワウリの播種。 」です。

次のブログ記事は「ハウスの被膜修繕。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。