銀泉マクワウリ収穫、大忙し!!!。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 夜になってようやく待ちに待った雨が降ってきました。

 本日の降水確率は、午前30%、午後60%です。

 トマトは脇において何が何でもマクワウリを収穫しないと全滅です!

 これだけ乾燥した日が続いていると、急激な降雨は果皮を傷めます。つまり割れます。これまで何度痛い目にあってきたことか。

 取り頃のマクワウリもかなりの数になってきたのでまとめて収穫することにしました。

 こちらが圃場の様子です

マクワウリ.14.08.09.

 緑色のマクワウリが黄色く熟してきました。(白い縞が入っています)

 よく見ると樹勢低下の為にウドンコ病がうっすらと出ています・・・・。

 定植初期のほか農薬散布は行っていませんが、余り虫は付いていません。この季節によくあった野菜です。

 雨が降らないかもしれない、と思いながらも急いで仕事をします。暑いです。蔓を踏まないように四つんばいになって収穫します

 株もとのマクワウリから熟してきます。花が咲いた順番と同じです。

 一つずつ取っては蔓の先に並べておきます

マクワウリ.14.08.09.

 大小さまざまであります。

 メロンのように摘果をすれば形が揃いますが・・・・・単価がよくないマクワウリでは無意味です。そんな事をするくらいならメロンを作ったほうがよいです。(静岡です!)

 選果は後で行うとして、このように収穫して一時まとめていたマクワウリを箱に入れて運びます。

 こうです

マクワウリ.14.08.09.

 平のコンテナーに詰めて運びます。(果実に傷がつかないように余り重ねません)

 重いです。ミカンの収穫を思い出します。

 トマトのように片手で持ち上がるくらいの重量ではミカン農家は気が抜けてしまいます。やはり収穫は重量があるものが気持ちがよいです。

 しかし・・・・・、取ってみるとかなりの量です。予測をして定植していましたが、暴風やその他の障害がなく健やかに育ってくれたお陰で欠損株や生育不良の株が殆どなかったためでしょう。もちろん潅水にはとてもとても苦労はいたしました。

 1回目の搬出を行い、再度コンテナーを積み込んで2回目の搬出です

マクワウリ.14.08.09.

 コンテナー5杯です。1回目とあわせると合計コンテナー10杯です。数日すればまた収穫できます。かなり収穫できます。

 すでに注文量をはるかはるか上回る収穫量です。

 こうなると収穫に追われて頭が働きません。農家が営業に弱いとはいわれますが、当然です。兎に角は目前に詰まれた山のようなマクワウリを如何に処分するか思考します。

 

銀泉マクワウリをご希望の方は下のリンクよりお問い合わせください

やまひこ農園お問い合わせフォーム

 

野菜、園芸関係のブログ記事リンク集です。

 菜園物語3

 園芸・ガーデニング 

 在来品種・伝統品種 

 トマト大好き 

 

やまひこ農園のHPリニューアルしました。(4月20日.2015)

 

やまひこ農園HPトップページ

やまひこ農園トマト栽培

やまひこ農園まくわうり栽培

やまひこ農園スイカ栽培

お問い合わせフォーム

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamahiko-farm.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/1088

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、yamahiko-farmが2014年8月 9日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「増井博士の命日。」です。

次のブログ記事は「銀泉マクワウリの選果!!!。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。