2013年11月アーカイブ

バジルの根!!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 日本ではバジルは1年草であります。

 最低気温が一桁台になると生長はしません。葉に黒いしみが出来て商品にはなりません。冷害であります。

 現在の所、ひょんなことから昨年ハウス内に定植したバジル2株が夏を越しても(まったく潅水など手をかけていなかった)生存していたので、2重被膜をかけて様子を見ています。

 こちらは今年露地に定植したバジルです。ハウス内に移植する為に抜きました。

バジル.13.11.28.

 全体が薄黄色になっています。

 バジルは生長が旺盛な時は緑色です。

 葉の所々が黒くなっていることが判ります。

 これをハウスに移植して活着するのか?。程度によるかもしれませんが大体はうまくいきます。

 根を見てみます。

 高温期は威勢良く生長していたオカワカメでしたが、気温の低下と共にだんだんくたびれてまいりました。

 後作のためにも早めに除去しないと邪魔です!。

 1ヶ所は完全に除去しました。

 ご注文の関係で・・・・・もう1ヶ所は半分残してありましたがもう限界の時期です。

 こちらが収穫したオカワカメです。

オカワカメ.13.11.22.

 まだ商品にはなりますが・・・・収穫が大変です。

 今月末までで終了する予定です。

 もう1枚。

 9月24日に定植を完了した圃場のステックセニョールです。

 本日収穫したステックセニョールは台風前の9月18日くらいに定植したものです。(メモが・・・ハウスにあるので・・・)

 普通のブロッコリーと異なっている点はこちらです。

ステックセニョール.13.11.22.

 花房が小さいです。

 ステックセニョールの栽培法には、頂花房は除去することとあります。理由はそのほうが腋芽がよく出てくるからです。

 私の場合は・・・・そんなことをするよりも面積で勝負です。

 ドズル・ザビ中将曰「戦は数だよ!アニキ」

 その通りであります。

 家庭菜園でもあるまいにそんなに細かく手をかけて入られません。

 一見小さい花房ですがよく見てみます。

元肥に尿素を散布!!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 静岡も寒くなってきました。

 冬です。

 既にハウス内もバジルなどは二重被覆をおこなっています。

 耐寒性のある野菜は二重被膜を行いません。その代りに透明マルチを使用して地温を上げます。

 元肥には尿素を使用します。

 こちらです。

尿素.13.11.20.

 尿素は有機物でありますが、化学肥料であります。

 昔は配合肥料に尿素を混ぜると有機分にカウントされました。もちろん今は違います。

 尿素は、化粧品にも保湿剤として使用されています。

 人体には安全です。自然にもやさしい肥料です。ついでに窒素成分が46%で20kg約1500円と家計にもやさしい肥料であります。

 

 さて、なぜこの時期に尿素を元肥に使用するのか?

 この記事は以前静岡農学校空前絶後の名校長であります静岡市門屋の「白鳥吾市」校長のインタビューより紹介いたしました。

 以前の記事はこちら

 こちらが白鳥吾市校長であります。

白鳥吾市校長.12.06.11.

 品のあるお顔をしております。

 白鳥先生は東京帝国大学にて横井時敬先生門下の碩学であります。若干26歳にて横井時敬先生と共著の「農業要覧」を執筆されました。農具の研究でも稲垣乙丙博士と共に大家として名が知られております。

 残念ながら静岡農学校に保管されていた白鳥先生の資料及び昔の農具現物資料はすべて進歩的な思考を持つ三流教員どもの手により廃棄処分されてしまいました。

 しかし、白鳥先生の資料をこの日本からすべて処分することは三流教員だけあって出来ないようです。

 さて、少数でありますが農学校卒業生より多大なる尊敬を受けております白鳥先生が挙げる農業教育史上に残る有名人です。

 異常気象の影響か?、11月まで露地でバジルを収穫しました。

 今までは、大体10月中旬には威勢が落ちてろくに収穫できなくなるので栽培を終了します。

 よくこの時期までもったといいたいところですが、さすがに最低気温が一桁台になると確実に生育が停止します。

 こちらは11月13日に撮影したバジルです。

バジル.13.11.13.

 よく育っています。一見冬季に向かうバジルの生育とは思えません。

 しかし本日(11月18日)の状態はかなり異なります。バジルの生育最低気温を下回る低温にさらされた状態はこちらです。

 何時も一人で静かに仕事をしておりますが、ここのところセキレイがハウスに住み着いた(?)ようでにぎやかくなってきました。

 寺尾博士の共同研究者であります「仁部富之助」さんでしたら涙を流して喜んでくれる光景でしょう。

 作業している私に近づいてきたり、私が気が付いてそちらを見るとあわてて逃げるセキレイを見ていると・・・・・「ダルマさんが転んだ」をやっているようでもあります。

 可愛いものです。スズメよりもセキレイの方が綺麗っぽく品があります。(五月蝿くない)

 こちらです。

セキレイ.13.11.04.

 整地する前の圃場です。ミミズか虫を探して食べているのでしょう。

 動き方が実にリズミカルで可愛く見えます。

 アップにして見ます。

 ステックセニョールに薬剤と共に自作の有機液肥を混用して散布しました。

 一目で違いが分かります。

 ちょっと写真の撮り方が悪いので・・・・・ですが、やはりこの時期有機液肥の葉面散布は見た目に効果をあらわせます。

 先ずは昨日のステックセニョールの状態です。

ステックセニョール.11.05.

 葉がだれたようになっております。

 この後薬剤散布を行います。

 そうすると次の日には・・・・・。

 

 正式な名称は分かりませんが一応使われている「むかご」の名称を使用します。

 ここ数年オカワカメを栽培してみて時期が来るとむかごができるのかと漫然と考えていましたが、生育環境を変えて(潅水量)よく見てみるとよくわかりました。

 灌水量が多い場合は時期を問わず「むかご」が着生します。

 こうなると山芋のむかごとは全く生理的に異なるものであるわけですが他に適当な名称がない以上仕方がなく使用しております。

 こちらが灌水量を多く施したオカワカメに着生したむかごです

オカワカメのむかご.13.10.31.

 これが夏場にも着生して大賑わいでありました。

 むかごより葉がでています。水に濡れていると根がでてきます。

 むかごの名称が適当なのか非常に疑問がでてきます。

 山芋のむかごにはこういう性質はありません。

 写真をアップにして見ます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。