2013年7月アーカイブ

 7月は私の住む小坂ではお盆月です。そしてもう一つの行事であります御施餓鬼もあります。

 軽く仕事をしてシャワーを浴びて安養寺に向かいます。

安養寺.13.07.23.

 暑い日です。

 ちなみに私は若いのです。年寄り臭いことばかり書くので年配者と思われるところがありますが・・・・・若いです。

 お寺の檀家役員なので行事には必ず出席します。最年少役員です。

 檀家役員は世襲制です。(戦後左翼どもが破壊できない文化がここに残っています・・・・まあ奴らにとって金にならないものは放置してあっただけでしょうが)

 今年は昨年より大幅に遅らせて栽培を始めました、銀泉マクワウリです。

 理由は・・・静岡では需要がまるでないためです。

 さて、マクワウリ果実が段々大きくなって来ました。

 こちらです。

 

銀泉マクワウリ.13.07.21. 枯れた雑草が程よく座布団のように果実を座らせます。

 理想です。

 果実に傷が少なくなります。

 もう一つこちらはかなり大きくなってきました。 

 先日紹介しました、変り種スティクセニョールです。(おそらく、多品種の混入か、親品種種子の混入です)

 

 お前は一体誰なんだ? 

 

 その後を紹介します。

 こうなりました。

スティクセニョール.13.07.08.

 黄色い花房をもつほうのスティクセニョールです。

 花が上がってきました。カリフラワーとは違うようです。

 よく見てみます。

 動物園に行った次の日・・・・滑り台に載れなかった二人を清水にあるローダースライダーのある公園に連れて行きました。

 特に花奈子チャンは時間の都合でウサギを抱っこできなかったのでぐずっていましたので・・・・不憫に思って連れて行くことにしました。

 うーん、何度も書きますが私は独り者です!。なぜこうも子供を見ると可愛がりたくなるのか不思議でしょうがないのですが性分です。ただ、決して私の子供ではありません。

 

清水の公園.13.07.14. 暑いせいか誰もいません。いつもは駐車場がいっぱい(品のない奴らもいっぱい)なのですが、今日はすきすきです。

 二人ともお尻にひくプラスチックの板を持ってローダースライダーへ向かいます。

 世間は熱中症が大流行でしょうが、百姓はこの位では倒れません。幼少期の教育の成果でしょうか?

 可愛い甥と姪が家に来ました。

 当人達は、おいちゃん(つまり私)に滑り台のある公園に連れて行ってもらう予定であります。

 ・・・・・・・・。

 いつも思うのですが・・・・この日本で私ほどオジバカをやれる人間は少数ではないでしょうか。

 昨晩(実は今朝までかかりました)まとめた野菜を車に積み配達の後に公園に行こうと、甥の佑太と姪の花奈子を連れて行きました・・・・。

 二人の顔を見ていると・・・・・、そういえば日本一長いといわれている日本平動物園のローダースライダーが再開されたとありましたので、二人の喜ぶ顔が見たいとお昼を買って日本平動物園へ向かいました。

日本平動物園.13.07.13.

 目的は動物よりもローダースライダーです!

 先ずはお昼を食べさせて休ませてからローダースライダーです。

 設備の整った(おそらく日本有数の)動物園には申し訳ないところでございますが、近いうちにまた来園するとして勘弁してもらいます。

 ところが・・・・・・・。

 直播銀泉マクワウリの実がつき始めました。

 可愛いものです。

 こちらです。

銀泉マクワウリの幼果.13.07.12.

 これがごっついマクワウリになるのです。

 小さい時から枕型です。

 今後どうなるのか・・・・、強風でやられないことを祈ります。

 

 

 

 

野菜、園芸関係のブログ記事リンク集です。

 菜園物語3

 園芸・ガーデニング 

 在来品種・伝統品種 

 トマト大好き 

 スイカの季節

 

 日本農業の振興に多大なる功績があった静岡出身の農学者を紹介した記事です。

日本の農学の基礎を作った陸羽132号の作出者「寺尾博」博士。 

 初生雛鑑別技術の発見者にして世界に名の知れた動物遺伝学者「増井清」博士。 

 

やまひこ農園のHPリニューアルしました。(4月20日.2015)

 

やまひこ農園HPトップページ

やまひこ農園トマト栽培

やまひこ農園まくわうり栽培

やまひこ農園スイカ栽培

お問い合わせフォーム

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください

 暑い日が続きます。

 兎に角暑いです。

 私は痩せ型の体型ですが・・・・暑いです。クーラーの利いた部屋にいれば太れるのかもしれません。

 昔からちっとの作業では汗をかかないのですが、夏場の農作業は・・・・地獄です。

 人間でも暑いのですから作物も当然暑いのです。

 僅かでも気温を下げようと考えれば、一番合理的な方法は潅水です。

ロメインレタスに潅水.13.07.08.

 潅水しているほうも涼しく感じます。

 ロメインレタスも気持ちよさそうです。

 たっぷり潅水して気温を下げます。これが夏場で一番重要な作業になります。

 

野菜、園芸関係のブログ記事リンク集です。

 菜園物語3

 園芸・ガーデニング 

 在来品種・伝統品種 

 トマト大好き 

 スイカの季節

 

 日本農業の振興に多大なる功績があった静岡出身の農学者を紹介した記事です。

日本の農学の基礎を作った陸羽132号の作出者「寺尾博」博士。 

 初生雛鑑別技術の発見者にして世界に名の知れた動物遺伝学者「増井清」博士。 

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

やまひこ農園のトップページへのリンクです

ハウスの主!!!。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ハウスの管理者は私ですが、このハウス建設当時より住み着いているのが「ヤマカガシ」です。

 ヘビですが、実におとなしい奴です。私が近づくと急いで逃げていきます。

 一度ひもと間違えてつかもうとしたら、・・・・・・おたがいにビックリして、あわてて引き下がりました。お互い見えないところで胸をなでおろしました。

 マムシと違って殺気がありません。ハウスにいるカエルやネズミを食べているのでしょう。

 かなり長い付き合いですが、最近見るヤマカガシは小さい奴です。代替わりをしたのでしょうか。

 こちらです。

ヤマカガシ.13.06.27.

 かわいい目をしています。いたずらをしなければ向かってきません。

 マムシと異なる所はテリトリーに侵入しても、危害を加えられないと噛み付いてきません。そういうヘビです。おとなしいヘビです。

 これからこのヤマカガシを良く見るようになるのでしょう。

 

やまひこ農園のHPです。

やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

やまひこの梅干販売ページリンク 

やまひこ農園のトップページへのリンクです

 

日本農業の振興に多大なる功績があった静岡出身の農学者を紹介した記事です。

日本の農学の基礎を作った陸羽132号の作出者「寺尾博」博士。 

 初生雛鑑別技術の発見者にして世界に名の知れた動物遺伝学者「増井清」博士。 

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

 今年はルッコラの増産にも励みます。

 人気商品の一つとなってきたようなので、こちらも張り切って手をかけていきます!

 先ずは種を確保する所から始めます。

 すでに露地のルッコラは採種しましたが、ハウス内で実験用に栽培していたものから採種します。すでに変り種と思われるものは別に採種しました。

 こちらが荒っぽいけど採種しているところです。

 

ルッコラの採種.13.07.04. 乾燥したルッコラを踏みつけて莢を割り採種します。

 うまく落ちてくれば良いのですが、踏みつけた後振るいます。

 面倒くさい作業ですが、後が楽しみなのです。 

 最近よく見かけるようになった近所の飼い猫です。

 ハウスに入らないので別に気にしておりませんでしたが、今日ステックセニョールを収穫しているときにまた見かけました。

 畑に猫.13.07.05.

 慣れているのか私が作業していても全く気にしません。

 ちなみに小雨が降っています。

 それも気にしません。つまり感覚の鈍い猫です。

 やまひこ農園で栽培している、とあるF1品種のキャベツより採種を行いました。

 とあるキャベツF1品種の採種.13.07.04.

 はい、F1品種より採種しましたので、この種子はF2です。

 以前栽培実験を行い食味・生育共に問題ないことを確かめましたので、今後気長に選抜を行っていきます。

 私のハウスは様々な生き物の住処になっております。

 虫はまあ多くいますが、カエル、ネズミ、モグラ、そしてヤマカガシなどが動物ではおります。

 今度はハウスの隙間から侵入してきたセキレイが居つくようになりました。

ビニールハウスにセキレイが.13.06.30.

 わかりますか?

 内張りの支柱に止まるセキレイが見えます。

 隣の蔓はオカワカメです。

 生育絶好調のオカワカメです。

 この頃オカワカメにアオムシがつき始めて対策に苦慮しておりました。(登録農薬が全くないので、BT剤とボルドーに頼るより他はありません)

 しかし、セキレイを見かけるようになってアオムシを見ることが少なくなりました。ありがたい援軍です。

 現在販売中のリーフレタス(島チシャ)は、焼肉との相性抜群です!

 今まで牛肉と豚肉だけしたためしていませんでしたが、鶏肉にも挑戦してみました。

 ・・・・・コンビニ弁当の焼き鳥ステーキですが・・・・。

焼き鳥と島チシャ.13.07.01.

 お肉がさっぱりとしてとても食べやすいです。

 美味しく食べられます。

 葉物野菜と一口に呼びますが、使い方はそれぞれ特徴を生かして料理すると美味しさは倍増です!

 このリーフレタスはサラダとして利用するのではなく肉物と一緒に食べるのに最適なリーフレタスです

 

業務用としてご入用の方はこちらまでお問い合わせください。

やまひこ農園お問い合わせフォーム

 

野菜レシピ記事リンク集

 

 草取りです。

 私自身は祖父に仕込まれたので草取り(耕作と色々意味含めてよんでいます)は好きです。

 耕作すると、体が自然に動いて草を取り、石を拾い出します。しかし、このご時世そんなことをしていたら農業で生活できません!。(この理由がわからない奴が大学の農学部にいくな!)

 除草対策を様々に施しておりますが、このリーフレタスの畦だけは手落ちでした。

 これが草が生えた様子です。

マルチ下に雑草.13.07.01.

 草に負けて枯れたリーフレタスの株があった穴より顔を出しているのがメヒシバなどの雑草です。

 透明マルチ下では、対策を怠るとこのように雑草が出てしまいます。この畦は昨年9月に秋作のために用意したものですが、9月末の台風の後片付けでほとんど植え付けできず放置されていたものをそのまま利用しました。

 すごい雑草の繁殖力です。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。