2013年2月アーカイブ

 寒い日が続きます。

 実に寒い日であります。

 自作ドラム缶ストーブの前にいてもなかなか温まりません。

 薪の消費量は急上昇です。

 6日前にまた天井裏に上り薪を採取して来ました。その後近くの製材所から廃材を頂いたので今の所在庫は充分です。(といってもハウス内で最大の備蓄をしても1週間は持ちません)

 とりあえず一時的に薪の心配が無くなったので天井裏にあるふるーい物を紹介します。

 まずはこちら

風力式選別機.13.02.20.

 コメやムギの粒とゴミとを分ける風選機です。

 右のハンドルを廻すと風が起こるようになっています。

 私が知る限りずーとここにあります。(何時のものかは?)

 最初は日本でも非常に大きく報道された大事件であります「日枝丸事件」ですが、真相が明らかになると報道される記事もぐっと小さくなります。

 ・・・・・・・・・・。

 まあ当然です。

 当初は「東洋某国」(支那)の工作員の仕業から秘密結社、共産党など政治的・軍事的に問題となる相手が容疑者でありました。

 しかし、真相は単純にフォーサイドの逆恨みであります。

初生雛雌雄鑑別師の仕事を日本人に奪われた恨みで行った」とあります。

 これでは大きく紙面を割くわけにはいきません。フォーサイドの生国であるカナダの名誉にも関ることなので各新聞社も配慮したのでしょう。(フォーサイドはインテリであります)

 こちらは新聞に掲載されたフォーサイドの顔写真です。

日枝丸事件主犯 フォーサイド.13.02.24.

  日枝丸事件の顛末を記載した新聞記事と増井博士の日枝丸事件の説明を紹介します。

 思いがけない事実を発見することが歴史探求の醍醐味でございます。

 日枝丸事件も当時は大事件でありました。

 新聞記事を見ていきますと・・・・・、犯人の証言が二転三転して最後はただの嫉妬が動機と言うつまらないお話になるわけですが、当時の日本のおかれた状況が分かるような事件です。

 船のお話といえば、「大内健二」さんの著書が実に面白く私愛読しております。是非大内さんに船にまつわる怪事件の一つにこの日枝丸事件を書いていただきたいとひそかに希望する所です。

 

 ようやく本題です。

 当時の新聞記事はこちら。(朝日新聞)

日枝丸事件.13.02.23.

 時は、1938年(昭和13年)1月20日です。

 場所は、アメリカ合衆国、ワシントン州、シアトルです。

 主犯、ラルフ・フォーサイド(29歳)

 従犯、ジョージ・パトリッジ(22歳)

     (弟)ウイリアム・パドリッジ(19歳)

 事件の概略は、

 

 強引に休暇を取りましたので県立図書館へ向かいました。(他ニイクトコロガナイ・Orz)

 我らが寺尾・増井博士の調査で県立図書館所蔵の雑誌はあらかた見終わったので現在は関連古書と新聞記事が専らです。

 

 初生雛雌雄鑑別について2点面白い記事を発見しました。

 先ず紹介するのはこちらです。

 「日本人の特技"卵鑑別法"英下院で飛んだ大論戦 兜をぬいだブラウン労働相」

雌雄鑑別法英下院で大論戦.13.02.22.

 1938年(昭和13年)6月2日の読売新聞です。

 ちょっと間違いがあります。

 記事では"卵鑑別法"となっていますが正確には"初生雛鑑別法"又は"初生雛雌雄鑑別法"です。

 この時点では卵の状態で雌雄を鑑別する技術はありません。

 (現在は不明・・・私専門外)

 

 我らが増井博士と日本養鶏技術者に先んじられた悔しさがにじみ出てくるようなイギリス下院の論争です。

 

 

ルッコラの開花!。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ここ2日ハウスで火燃しを休みました。

 くたびれました。

 気が緩んだせいか体中が痛い(涙)。

 今日は晴天・・・・・ハウスで火燃しをしなくては。

 綺麗に晴れた空を恨めしく眺めながらブログをかいています。

 

 さて、採種用のルッコラが咲き始めております。

 こちらです。

ルッコラの花.13.02.16.

 やまひこ農園ではできるだけ栽培品目の種子は自給するようにしております。

 地産地消のあるべき姿の一つではないかとも思っています。

 自家採種は別に難しくはありません。

 けっこう面白いものです。

 昨年の12月10日より加温を始めております。

 椅子で寝るようになって・・・2ヶ月弱経ちます。

 いくら若くても、やはり疲労がたまります。

 天候は雨、気温もそれほど低下していないので休むことにしました。(勇気ある決断です!)

 

 スーパー銭湯でくつろいで整体にいきました。

 2ヶ月近くも横になって寝ていませんから体中こっています。(整体をうけるとまさに拷問です!)

 なんとか軽くなったような傷ついたような感じの体を引きずってうちに帰りました。

 

 水曜日まで配達をお休みいたします。

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

やまひこ農園のHPです

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 

初めて滑れた滑り台!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 寒い夜を乗り越え、日が出てから出荷用のリーフレタスの調整を行い、息絶え絶えになって帰宅したら・・・・・可愛い声が・・・・(涙)。

 「おいちゃん!」

 「加奈子ちゃん来たよ!」

 と、私にしがみついてきます。

 

 「・・・・・・・・・。」

 天井裏の木材を薪にしたおかげで少しは暖かい夜を過ごしていますが、野菜の栽培管理・出荷調整作業が忙しく疲労は連日MAXであります。

 少し休ませてと花奈子ちゃんにお願いしても、

 「おいちゃんが好きだから一緒にいたい♥」

 「おいちゃんと大きい公園へ行きたい」

 

 「・・・・・・・・・。」

 可愛い姪子の頼みであります。(涙)

 ブログの更新はやめてリーフレタスの袋詰めを行います。

 作業終了後、姪と一緒に配達に行き大きい公園で遊んできます。

花奈子.13.02.17.

 「加奈子ちゃん、一番愛している人は誰?」

 「おいちゃん!」

 

 そうでしょう。だから耐えられるのです。(涙)

 

 「加奈子ちゃん、誰と結婚する?」

 「おいちゃんとけっこんしる」

 

 そうでしょう。未来の嫁の言う事は聞かなくては。(大粒涙)

 一人暮らしのように薪ストーブの前で食事を作っております。

 料理が好きなわけではないのですが仕事の関係上ストーブのそばから離れられない為、ここ2ヶ月悲しい生活をしております。

 (仕事は火燃しだけではないのです・・・・(涙))

 

 楽な料理に偏っていますが栄養のことも考えております。(・・・・?)

 こちらです。

チヂミ菜ラーメン.13.02.15.

 簡単に湯がいたチヂミ菜を沢山入れた「チヂミ菜ラーメン」です。

 

 ・・・・・。

 昨日までは素ラーメンでした・・・・。

敷居のできそこない?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 天井裏にはいろいろな材料があります。

 兎に角貴重そうなものは手をつけませんが木っ端に類するものは手当たり次第に持ち出します。(なぜこんなに焚付にするような木が多いのか?)

 こちらはストーブに入れる前に関心をもちましたので写真を撮りました。

敷居.13.02.12.

 この二つの木切れが荒縄でくくられていました。

 家の敷居を作ったときの切れ端か、失敗した部位か不明です。

 より疑問であることは、長さおよそ90cmくらいのこの2つの木切れですが何の為に天井裏に保管したあったのでしょうか?

 昔はこの溝を手で掘ったからなのでしょうか?

 

天井裏で薪集め!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 また天井裏へ上ります。

 薪がなくなりましたので仕方がありません。

 高い所は大の苦手でありますが今の所乾燥した良い薪が手に入れられるところはここしかありません。

 自分のうちでありながら自分のうちである感じがしない異質な空間です。

 タイムスリップした感じともいえるかもしれません。

 天井裏.13.02.13.

 ちょっと写真がぼけていますが・・・不思議な雰囲気がします。

 フラッシュをたいてみます。

気の早い小坂川の桜。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 朝ふと小坂川の土手を見ると、桜の木にピンク色のものが見えました。

 小坂川の桜.13.02.12.

 台風や強風で枝が折れたりするとよく花が咲きます。

 

 もう少しで桜の時期ですので蕾が沢山付いています。

 気の早い奴がちらほら花を咲かせています。

 やまひこ農園では旬をテーマにいろいろな在来野菜を栽培しております。

 こちらのターサイもその一つです。

 在来ターサイと名称不詳の小松菜を掛け合せたチジミ菜と呼ばれるターサイです。

ターサイ(チジミ菜).13.02.10.

 この寒さの中立派に大きくなってくれました。

 大きいです。

 試作のみでしたが量産する予定でいます。

 まだ寒い日が続きます。

 寒いです。 (((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

 薪の方は天井裏にある大量の柱を使用することで当座は解決しました。(多分あれだけの量では2シーズンは充分にあります)

 気がよくなって調子よくドラム缶ストーブで燃やし始めたら・・・・・・・たきぐちから煙が。

 まあ煙突の温度が下がっているからだと思い景気良く燃やし始めたら盛大に煙が逆流!!!

 

 <(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

 

 辺りは霧の都ロンドンです。

 ストーブを見るといつものように燃えていません、なんか中途半端。

 不完全燃焼という感じがします。

 温度も上がらず、煙だらけであります。

 ストーブ近くの温度計は気温5度・・・・・、寒くて煙い一晩を過ごしました(涙)。

 

 こうなると原因は見当がつきます。

 これです。

 

薪ストーブの煙突.13.02.10. 前回掃除をしてから1ヶ月は経っていません。

 こんなに早く掃除をするものかと考えましたが、燃やす木材の量がかなりの量なのでありえる話であります。

 もう一つ理由として、安物のステンレス製の煙突なので煙突の保温ができていないことと煙突自体の口径が小さいことも挙げられます。

 対策は煙突掃除です。   

 ついに自宅の天井裏に備蓄してある資材に手をつけます。

 私が生まれるはるか前から置いてあるものです。

 こちらです。 天井裏の資材.13.02.09.

 私の家は母屋が平屋で、併設した納屋・貯蔵庫の上に私の部屋である二階3室があります。

 こちらは母屋(平屋)の天井裏です。通常の2階建ての高さがあります。

 私が歩いても頭がつかえません。(遥か昔ここで蚕を飼っていたようです)

 

 柱になる木材が大量に置いてあります。(兎に角すごい量!)

 連日ハウスで薪ストーブを利用して暖房を行っております。

 別に好きで行っているわけではありません。

 

 椅子で寝るのもなれましたが・・・・できればそろそろ布団で寝たいです。

 軍隊の野戦糧食よりもしょぼい食事にもなれましたが・・・・できればまともな食事をまともな場所で取りたいです。

 毎日薪の心配をするのも少々疲れてきた今日この頃でありますが、予定では今月下旬に灯油暖房機を入れて火燃しの作業を簡略にします。

 しかし、その予定も場合によっては・・・・画餅に帰する恐れがでてきました。

 

 「灯油価格リッター100円」

 携帯にニュースで目にしたとき目を疑いました。

 

 <(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

 

 щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

 

 く(""0"")>なんてこった!!

 

 リアクションは様々ながら大ショックです!!!!

 すでに安い所でもリッター90円をこえています。

 農業の暖房用燃料は(リッター当り)バブル時20円くらいで、その後高くなってきましたが50円で高すぎるといわれていました。

 それが100円です。景気が悪い上に寒い季節に燃料の高騰・・・・・・詰んだかOrz?

 

 と、寂しく考えながら薪集めに精を出す私であります。

 

 薪ストーブの記事紹介リンクです。

 薪ストーブ大好き!  

  薪ストーブ

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

やまひこ農園のHPです

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 あいかわらず食生活は貧弱です。

 パスタの作り方を覚えれば・・・パスタだけです。

 別名「バッカリ食」です。

 それでもオイルを使用するようになりました。(少しは進歩)

 こちらです。

オリーブオイル.13.01.27.

 キミサワで求めました。

 初めてオリーブオイルと言うものを使用しました。

 久しぶりの戦争の記事であります。

 昨年板妻駐屯地にて撮影してきました。

 橘中佐の資料では良く紹介されている絵画であります。

 こちらです。

内田軍曹橘大隊長救出の場.12.12.19.

 うまく写真が撮れなくて失礼・・・・。

 

 この状況は首山堡南方高地山頂陣地にて重傷を負われた橘大隊長を、大隊書記である内田軍曹が仮包帯所へお連れする場面です。

 まだこの時点では静岡34連隊第1、第2大隊は山頂陣地を確保していました。

 橘大隊長の傷は両手に擦過傷、腹部貫通銃創、断片による腰部打撲など、かなりの傷を負っておられました。

 簡単に状況を説明します。

 

 まだ根気良くドラム缶薪ストーブでハウスの加温を行っております。

 もう少しで2ヶ月になるところです。

 学んだことは「椅子で寝ること」であります。

 食事のほうは・・・・やはり地が出てきました。簡単なものが中心です。

 だいたい朝の食事は決っています。

 スープとパンです。

 この日はコーンポタージュと黒砂糖パンです。

ポタージュスープと黒砂糖パン.13.02.03.

 コメを作っている百姓ですが・・・食事を作るのが面倒くさいのでこのくらいが限界です。

 スープとパンを変えていけばこの食事で後1ヶ月くらいはもつでしょう・・・・と考えています。

 

野菜レシピ記事リンク集

料理に関するブログ記事リンクです。

料理、クッキング  

レシピ、メニュー  

夕食のレシピ

 

 やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください!

小坂からの富士山。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いつもとは違う所から富士山を写しました。

 東名高速道路の側道からです。

 こちらです。

東名高速道路と富士山.13.01.28.

 この角度でも結構綺麗な富士山が見えます。

 

 富士市で見るより手ごろな大きさの富士山です。

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 寒い日が続きます。(こんな話ばっか・・・・)

 それでも雨が降るたびに暖かく感じるようになりました。数日前は雨の後、春のように温かい風が吹いてきました。(ようやく静岡らしくなってきました)

 

 今年も寒い冬のおかげで野菜は軒並み高騰中です。

 その中でやまひこ農園では「リーフレタス」をお徳な価格でご提供させていただいております。

 こちらです。

リーフレタス.13.02.02.

 このリーフレタスはサンチュのようにお肉を包んで食べるレタスですが、この寒さで葉が肥大しなくなり、葉数が増えてくるようになりました。

 そこで柔らかい小さい葉をかいてサラダ用として出荷を始めました。

 価格と共に品質も好評でございます。

 是非お試しください。

 大谷にございます「キミサワグラッテ大谷店」にてお求めいただけいただけます。

 

野菜、園芸関係のブログ記事リンク集です。

 菜園物語 (菜園に関する記事リンク集です)

 菜園物語2

 園芸・ガーデニング 

 在来品種・伝統品種 

 

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

 薪ストーブを利用して料理(?)をしています。(・・・・料理とはよべないかも)

 これといって間食はあまりしていませんがコーヒー、甘酒、ほっとレモネードはよく飲みます。そのため砂糖の使用量が1ヶ月で約2kgです。

 よく使ったものです。

 今度は砂糖の使用量を控える上でも食生活に気をつけなくてはなりません。(これだけ砂糖を取っても太らない私は凄い?・・・・いえ、ただやつれているだけです!)

 

 朝食はスープにしました。

 こちらです。

 

ポタージュスープ.13.01.27. 鍋で温めるだけなので楽です。

  

 寒い日が続きます。

 雪こそは降りませんが・・・寒いです。

 こういう季節は富士山が実に良く見えます。

 こちらです。

小坂から見た1月の富士山.13.01.27.

  レンズにゴミが付いているので・・・・小汚く見えてしまいます。

  きれいな所だけ切り取りました。

 

 夕方の富士山です。

 夕焼けに照らされてまた一段と綺麗に見えます。

 富士山は矢張り女性です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。