加藤鉉一郎先生と鈴木梅太郎博士

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ちょっと面白い話を紹介いたします。

 鈴木梅太郎博士はもちろんビタミンB1の発見者にして農芸化学の最高権威者であります。

 加藤先生は私と増井清博士の母校であります静岡市立長田南小学校の校長先生を勤められた方です。(こういう話しか増井博士のお名前の隣に・・・・・私がこない・・・Orz)

 加藤先生は昭和14年から昭和16年まで勤められました。私の地域でも加藤先生のときに長田南小学校を卒業した方がまだ健在なので話は(校長先生だけに)ちょっとだけ聞いたことがあります。

 加藤先生と鈴木梅太郎博士の接点は、(当時)同じ榛原郡の出身です。

 加藤先生は御前崎、梅太郎さんは相良です。ご近所さんであります。

 こちらが加藤先生です。

加藤剛さんのお父さん加藤校長先生.12.02.14.

 ・・・・・品のある先生です。

 俳優にしてもよいといわれそうですが、加藤先生はとある有名な俳優とご縁があります。

 その俳優の方は、「加藤剛」さんです。

 そうです大岡越前です!。

 最初は題名は「大岡越前のお父さんは校長先生!」と書こうかと思いましたが、なんかス○ニチの表題みたいなので没、又片岡 千恵蔵さんと間違えられるとこまるので止めにしました。

 

 私の世代でも時代劇モノの番組は毎日見ておりました。

 「水戸黄門」「東山の金さん」「暴れん坊将軍」などなど。

 「大岡越前」に関しては加藤剛さん扮する大岡忠助をさして「この人は静岡出身の俳優だ」と年寄からよく聞いていました。

 番組に対する親近感と言うものがあったのでしょう。

 ただ、同時に放映されていた「水戸黄門」の助さん役の「里見浩太郎」さんは富士出身の方です。こちらも静岡出身と呼んでも間違いはないのですが、年寄り衆は知らなかったようです。(加藤剛さんは正確に言えば梅太郎さんと同じ遠州出身となります・・・静岡では)

 なぜかという答えは単純で、加藤剛さんのお父さんが自分たちの母校の校長先生を務めていた関係で知っていたわけです。(私の地域ではインテリに対する尊敬の度合いが他の地域よりもはるかに高い・・・・増井博士の影響か)

 

 遠州出身の方で教員になる方は多く、静岡大学の前身「静岡師範学校」へ入学される方が非常に多かったときいております。(または梅太郎先生を頼って研究者)

 加藤鉉一郎先生年齢から考えて・・・ご近所さんの梅太郎博士と面識が会ったのではないかと想像しております。

 

 元にした資料は、昭和52年発行された「長田南小学校90年誌」です。

 当時存命でした先生の中で最古参であった校長先生が加藤鉉一郎先生であったようです。思い出の記事が載っております。

 もちろんこの記念誌には、我らが「増井清」博士や静岡市の教育を支えた女傑「前田のゑ」先生の記事もございます。

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

やまひこ農園のHPです。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 やまひこの梅干販売ページリンク 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamahiko-farm.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/697

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、yamahiko-farmが2012年11月17日 16:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「焼肉のお供「島チシャ」(リーフレタス)発売中!!!」です。

次のブログ記事は「私のハウスは・・・スズメのお宿か!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。