県立図書館の隣にある鈴木梅太郎博士の銅像

| コメント(0) | トラックバック(0)
 寒い日が続きます。

 ・・・・司馬遼太郎先生の著作「花神」の主人公、大村益次郎先生であれば

 「冬ですから寒くて当然です」


 と、切り替えされるでしょう。

 ハウス内の野菜の生育も遅れに遅れ・・・対策に苦慮しているところでございます。


 昨日は少し早めに配達に出ました。(理由は言うまでもありませんが収穫した野菜が少ないのであります)

 そこで、次いででありますのでまだ早いのですが県立大学附属図書館からお借りした本を返却にいきました。

 現在県立図書館は工事のため休館中ですので隣にある駐車場も使用できません。突当りの空き地に車を止め(本当は道路です)県立大学に向かいます。いつもここに車を止めて県大に向うのですが配達が終えてからなので夜です。8時から9時になります。私みたいな労働者にとって県立大学附属図書館は夜遅く(10時まで)まで開館してくれて天国みたいなところです。


 車から降りたら変わったものが目に入りました。

こちらです。 鈴木梅太郎銅像.12.02.15. この日は珍しく明るい時にここを通りましたから気がつきました。以前鈴木梅太郎博士の銅像は県大にあると聞かされていたので探した事がありましたが見つかりませんでした。

 それもそのはずここにありました。


 なにやら、梅太郎博士から「おう!」と声をかけられたような気がいたします。


 拡大します。

鈴木梅太郎銅像.12.02.15.


 ・・・失礼ながら、私のような百姓が親近感を覚えるような顔つきでいらっしゃいます。


 こちらが碑文です。



鈴木梅太郎碑文.12.02.15. この銅像をつくられた堤達男さんは・・・普通科34連隊にあります橘周太大隊長の銅像を製作された方でもあります。


 この梅太郎博士の銅像があります所ほど近くに、静岡が生んだ農学の最高権威であります「寺尾博」博士の生家がございます。

 「駿河の寺尾博と遠州の鈴木梅太郎」静岡県が生んだこれまでで最高の農学者でございます。


 ・・・・こんな判りにくいところに銅像を作ってどうするんだ。いっそのこと静岡農学校にこの銅像移築したらどうでしょう。白鳥吾市先生の銅像もあることです。(白鳥先生は梅太郎博士の後輩であります・・・東大で)

 農学校の生徒が近くにいたほうが、ここより遥かに安住できるのではないでしょうか。

 

静岡ブログ村へのリンクです! クリックお願いします。

 

やまひこ農園のHPです

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

  やまひこの梅干販売ページリンク 

 やまひこ農園のトップページへのリンクです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamahiko-farm.jp/mt/cgi-bin/mt-tb.cgi/423

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このブログ記事について

このページは、yamahiko-farmが2012年2月16日 11:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「市立中央図書館へいってきました。」です。

次のブログ記事は「やまひこブログ・・・何とか再稼動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。