2011年6月アーカイブ

 こちらは白肉色のスイカです。非常に珍しいスイカです。

 岩倉種苗の米倉さんから、タキイさんが白肉色の新しいスイカを出しましたよ。と紹介を受けましたが、既にこれを栽培していたので今年は見送ります。
 
 おそらくこの大和クリーム3号の血が入っているのでしょう。とりあえず今年はこの品種の特性を見てみます。


 この写真見てください。珍しくないですか?

大和クリーム3号の雌花


 雌花が2つ並んで咲いています。こんな隣合った節から出る雌花を見るのは初めてです。


 また例により、品種紹介していきます。

品種紹介が長くて写真を入れる余裕がありませんでしたので項を分けました。

 大和クリーム2号の雌花です。


大和クリーム2号雌花


 前のページの雌花を上から見た写真です。柱頭が見えます。


 こちらも驚きます。

 やまひこ農園で栽培しているスイカの品種の中で唯一の黄肉色の品種です。

 もちろん大和クリーム2号と言うからにはもちろん1号はあります。同じ黄肉色の品種です。なぜこの品種にしたかといいますと、神田武さんの 『西瓜の栽培技術』に大和クリーム2号は氷砂糖の甘さ・・・、と書かれていたからです。そのため1号はどうでも良くなりました・・・。

 大和クリーム3号は試作しています。この後紹介します。


 さて、大和クリーム2号の雌花です。

大和クリーム2号の雌花


 同級生K君評。今まで作ってきたスイカの中で一番縞がきれいに出る品種。・・・だそうです。

 三山の雌花を紹介します。

 西瓜を7品種も作っていると・・・いろいろな雌花が観察できて面白いものです。

 一番びっくりした雌花は『ヤマトクリーム3号』の花です。全部両性花なのです!普通授業では、栄養状態がよいと(注意、決して窒素過多のことではありません)両性花が出ることがある、と教わります。・・・フン 品種特性も関係あるだろう!と突っ込みたくなります。


 話は戻して、三山です。おとなしい花です。おしとやかです。やはり・・・最高の品質です。


スイカ三山の花.11.06.27. めしべを見てみます。

 この品種は、野菜園芸大辞典を読んでいて、(私の中で)作ってみたい品種NO1に選ばれた品種です。

 全体の写真があまりよく撮れていないので・・・自然交配で付いた幼果をモデルにします。

三山


 ナント種苗の品種です。

 種子の袋に書かれている能書きを書きます。

 味なら一番と大好評。(・・・それなら他の品種はなんなんだ!・・・ついお約束)

 草勢はきわめて強く、蔓の伸長が旺盛な中晩生種で市場性の高い品種です。

 果実は縞皮のやや高球形で6~6,5kgの中大果となり、果肉は鮮桃紅色で甘味強く糖度は平均13度で白砂糖のような甘味で、肉質は柔軟でセンイ少なく風味格別。(※そういえば神田武さんの著書に旭大和の味を白砂糖のような甘さと表現していました)
 
 土壌の適応性は広いが、特に台地や乾燥しやすい畑地に適する。

 ・・・やはりあの畑にはトウモロコシよりスイカが良く合いそうです。

 神田育種農場育成のF1品種『太陽』です。


太陽


 スイカ育種の権威であります神田武さん育成の品種です。

 昭和31年命名されました。『王冠』と『旭大和』との一代雑種です。

 
 特質は、果皮の色彩が濃黄色の地色に、さらに濃色の細網状はんがあって非常に美しい事であります。肉質・糖度が優れており、栽培は比較的容易なほうです。輸送性と日持ちの悪い事が欠点です。

 以上、野菜園芸大辞典より。


 雌花が確認されましたので写真を撮りました。

静岡茶 風評被害

| コメント(0) | トラックバック(0)

 3日前、丸子紅茶の村松二六さんより電話が来ました。

 もちろん話題はお茶の放射能汚染の話であります。

 
 お互いの知り合いであった農家の茶葉から、500ベクレルの放射性セシウムが検出されました。

 もちろんこの程度の量では問題はありません。本日(25日)の静岡新聞の記事でも農林水産省生産局の話で飲用に限れば安全確保十分とあります。フランスに輸出された茶葉からも放射性セシウムが検出されて問題になっていますが・・・、そちらはそちらの判断で、日本は日本の判断で良いのではないかと思います。


 ・・・二六さんの話の本筋はここから。

 放射性セシウムが500ベクレル検出された農家さんは昔から有機栽培のお茶を作ってきた・・・まあ熱心な農家さんです。
 この農家さんに、静岡の山地でお茶を作っている農家(こちらも有機栽培でお茶を作っています)が、わざわざ電話をよこして言った言葉。
 
 『お前のところ500(ベクレル)でたんだって。俺のところは180(ベクレル)だ。アハハハ・・・』

 

 ・・・・・・・・。
 
 

ずいぶんくだらない事を書くといわれそうですが、有機栽培やろうが、農家であろうがこんな程度の低い人間は結構います。特にこの時期、落ち度がないにもかかわらず風評被害で苦しまざるを得ない農家が多くいるにもかかわらず、その農家を笑うことが出来る(たぶん商売敵が減ったと喜んでいるのでしょう)農家がいる事をちょっとお耳に入れておきます。

 トスカーナ・バイオレットはマロウさん作出のトマトです。私はブラックトマトと呼んでいます。


 よく交配種(F1)は種取しても同じものは出来ないと、教わります。当然理論的にも実際に行ってみてもその通りです。(F1・・・雑種強勢第1代・・この言い方でよかった?)

 しかし、F2(F1の子供)でどの程度、どのような分離を示すのか興味をもつようになって来ました。ここ何年かF1トマトから採種しF2の栽培実験をしてきました。以前はアイコのF2を記事にしましたが、今回は圃場で100本単位で実験を行います。


圃場実験


 左がトスカーナ・バイオレットのF2、右はエンジェル(小さいロケット型のミニトマト)です。

 この陸ワカメ(正式には雲南百薬)は、昨年岩倉種苗の米倉さんに種を探してもらおうと依頼しましたら・・・・、『増井さん、私の庭にあるから今度むかごをもって来ますよ』という非常にありがたい申し出がありました。(いつもありがとうございます)

 

 米倉さんから頂いたむかごをポットに播いて発芽させました。10ポット生育しました。ハウスの西側隅に遮光代わりにと笹竹を立てて誘引しました。

 今月より収穫を始めました。


陸ワカメ


 湯がいて食べると、食感がまさにワカメ!です。味噌汁に入れると判らないくらいです。


 まだよく調べていませんがどうも薬効もあるとか。薬効に関してはこのブログでは紹介できませんがもう少し調べてみます。

 

やまひこ農園のHPリニューアルしました。(4月20日.2015)

 

やまひこ農園HPトップページ

やまひこ農園トマト栽培

やまひこ農園まくわうり栽培

やまひこ農園スイカ栽培

お問い合わせフォーム

 

ナチュラルライフブログ村です。是非クリックしてください

 

 

 静岡ブログ村へのリンクです。

本日収穫されましたアイスプラントです。

アイスプラント


 葉先が赤くなり、葉が小さくなってきましたがまだまだサラダに十分使用できます。(これにプラスして生長が止まるととたんに筋っぽくなってきます。こうなったら出荷を停止します。)

 葉が小さくなってきたので収穫の手間がかなり増えてきました・・・涙。

 もうじき収穫が終了するところですが、採種をしておりますので早めに播種をします。


 ピソリーノ、葡萄の丘御利用のお客様より、『おいしい!』というありがたいお言葉を頂戴いたしました。感謝しております。

 やまひこ農園では、お客様のお腹と好奇心を満たせるよう面白そうな作物を紹介していきます。それらの商品も同じ店舗にてお召し上がりいただけます。是非御利用ください。

 

IMG_1003.11.02.26.jpgやまひこ産直野菜セット是非一度お試しください。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

 

 

 静岡ブログ村へのリンクです。

 乙女という名前に惚れて選びました。・・・というとキザナ奴と思われそうですが、三分の一はこの理由。残りの三分の二は小玉スイカも手ごろでよかろうと思いました。

 特に昨年超大玉の黒部スイカを栽培しましたから、小玉に関心が移るのも無理ないことです。

IMG_1503.11.04.01.JPG


 これも、野菜園芸大辞典を中心に紹介していきます。・・・どうも遺伝育種学の大家兎長春博士が作出に関係しているようです。


 もちろんこの乙女も固定種です。

紹介が遅れました。


 奈良農試が戦前作出しました。旭大和を紹介します。

 食味、栽培のしやすさ等好評であったようです。現在栽培されているF1品種との比較のため栽培しております。


 旭大和


 野菜園芸大辞典を中心に品種説明を紹介していきます。

青梅出荷

| コメント(0) | トラックバック(0)
青梅の出荷を始めました。現在やまひこ農園直売店にて販売しております。

 今年もそこそこ取れています。


IMG_2618.11.06.15.JPG


 すでに産地では出荷が始まっておりますが、やはり果物は完熟に近いほうが味が出ます。

 用途別で収穫の目安は・・・。 

 梅酒用は黄色くなる少し前。

 梅ジュース用は黄色くなってから。

 梅干用は完熟してからです。(青い梅を漬けてもまろやかな味は出ません。要注意)

 やまひこ農園では、樹上にて熟期を判断して収穫します。

 
 興味をお持ちの方はお問い合わせのページからメールにてお願いいたします。

 

やまひこ産直野菜セット、十年物梅干

是非お試しください。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

  やまひこの梅干販売ページリンク 

 

静岡ブログ村ランキングです、是非クリックしてください。

 夜になりました。


 時間を見ると7時半。早く行かないとお祭りが終わってしまいます。

 急いで佑太と加奈子に浴衣を着せてお祭りに向います。・・・佑太がいないときはお祭りなんて行ったことがありませんでしたが(成人してから)、なぜか行かなくてはならないという義務感が私の中に満ちております。


IMG_2923.11.06.04.JPG


 いつも車を止める場所には先客があり離れたところに車を止めなくてはなりませんでした。
 今年は提灯がありませんから、右手に佑太、左手に花奈子を抱っこして走って向います。二人は面白がっていますがおじちゃん一生懸命です。

ミニトマト試食会?

| コメント(0) | トラックバック(0)
祭りの準備も終わり、家に帰ると・・・かわいい甥と姪が私を待っていました。


 ミニトマトが色づいてきたので佑太の希望を入れてハウスに連れて行きます。

 『おいちゃん! トマトさん食べていい』

 この可愛い声を聞きたい一心です。


IMG_2917.11.06.04.JPG


 三つ子の魂百まで・・・この頃から農業教育を始めていけば・・・わかりもしない佑太、花奈子の将来を考えながら一人ニヤニヤするおじちゃんです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。