2009年12月アーカイブ

トマトとミミズ2

| コメント(0) | トラックバック(0)
8月から実験を行った、ミミズの生存実験の結果が一応出ました。

前回の実験
トマトとミミズ


 今回は直径15cmのポットで行いました。トマトを処分して鉢を逆さにしたときの写真です。


みみず


 しっかりと通り道も出来ています。この大きなポットに変えてから4ヶ月くらい経っています。トマトの水管理でも十分ミミズは成育するのでしょう。

原種スイセン開花

| コメント(0) | トラックバック(0)
 昨年、先輩より原種水仙の球根をいただきました。

 

 原種は、F1種と異なりそのものの特性がよく出ていて(良きも悪しきも)栽培の勉強には最適です。

 この品種は、カンタブリクスと言う名前で、白い可憐な花が咲き、良い香りがします。11月下旬に開花すると言う話ですが、昨年鶏に花から球根までいたずらされてハウスの外にうっちゃって置いたので今になりました。

 まあ、潅水も1年間行っていないので咲いただけ奇跡です。

 カンタブリクス

 こんな感じで置いてあります。やはり原種は強い。

堆肥切返し

| コメント(0) | トラックバック(0)
 昨日、また猪の皮と骨が入りましたので。ついでに今日は切返しを行うようにしました。


 この堆肥は(まだ未熟?)、猪を埋める専用の堆肥です。

 もう20匹くらいは入っています。


猪堆肥

 

佑太とミミズ.09.09.10.やまひこ産直野菜セット、是非お試しください。

 やまひこ産直新鮮野菜セット販売ページリンク

やまひこの梅干販売ページリンク 

 

静岡ブログ村へのリンクです

堆肥から南瓜

| コメント(0) | トラックバック(0)
 猪の皮を埋めに行ったら、非常に変わったものを見つけました。

 

 いつも猪の皮を埋める堆肥に南瓜が生えているではないですか。この時期に。

 静岡は温かいところではありますが、最近はひどく寒く外気は0℃に近くなります。

 それでもこれだけの南瓜が芽を出すと言うことは堆肥の発酵熱がそれだけあると言うことでしょう。もちろん、この堆肥はかなり腐熟していて未熟堆肥のように有害物質が出ていないということです。


南瓜

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。